KEYTALK、中田青渚 神尾楓珠 佐藤ノアら出演青春ストーリーのテーマソングに決定

音楽 公開日:2019/07/29 22
この記事を
クリップ

日本中のフェスを踊らせるモンスターバンド“KEYTALK”。5月15日リリースの移籍第1弾シングル『BUBBLE-GUM MAGIC』では、5/27付 オリコンシングルウィークリーランキング7位と過去最高位タイ、初動売上げとしては過去最高枚数を記録。翌6月には“KAGOME「GO!ME.」プロジェクトテーマソング”として書き下ろされた『ララ・ラプソディー』を配信。
さらに、現在「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4」(テレビ東京系/毎週金曜夜8時)の主題歌として新曲『旋律の迷宮』が放送中。

そんな勢いの止まらない彼らの次なる新曲『ブルーハワイ』が、「ホットペッパービューティー」の夏に向けた特別WEB動画「夏、脱、いつものワタシ」のテーマソングに決定した。




物語は、夏をきっかけに周囲にあわせてしまう自分を変えようと一歩踏み出す大学生を描いた青春ストーリー。中田青渚、神尾楓珠ら人気キャスト5人が登場。
2人の同級生役に、モデル・ミュージシャンとして活躍中の佐藤ノア、同じくモデルとして活躍中のよしあき、本作が演技初挑戦というYouTuberのそわんわんも出演。総フォロワー数330万超の豪華キャスト5人が等身大で演じる姿がキラキラと眩しい映像は必見。

さらに…なんと、KEYTALKのメンバーも友情出演。
しっかり観ていないと一瞬しか映らない彼らの姿を見逃してしまうので要注意。
今夏フェスでの披露に期待は高まるが、先ずは映像と共に奏でられる新曲を楽しんで欲しい。

【KEYTALKからのコメント】
脚本を見たときにすごくキュンキュンしました。
青春っていいなって(笑)青々しくちょっと甘いかき氷のブルーハワイのシロップみたいだなって印象を受けて、そこにインスピレーションを受け、とても夏感のある曲に仕上がりました。
もう全力で夏をイメージして特にサビに関しては突き抜けるような青空をイメージしています。
今までの曲に対するアプローチと一風変わったこともやらせてもらいました。
最後のサビ後のドラムは全力で走り回るネズミのようなイメージで叩いています。
自分たちも大好きなタイプの曲に仕上がったので、今からお客さんと一緒にライブで盛り上がるのがすごく楽しみです!
夏にぴったりなパーティーチューンになったので、皆さんぜひ聴いてください!お願いします!



≪プロフィール≫
東京・下北沢発4人組ロックバンド。
2009年7月に小野武正、首藤義勝、寺中友将、八木優樹で結成。
2015年には初の武道館単独公演、2017年には横浜アリーナ、さらに2018年には幕張メッセ(360°センターステージ)でのワンマンライブを敢行。
今では日本全国の大型フェスで大トリを務めるまでに成長した。
今夏フェスの出演も次々に発表されており、その勢いが止まることない彼らに更なる注目が集まっている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)