yonige、松本穂香&板尾創路出演映画「おいしい家族」に主題歌書き下ろし

音楽 公開日:2019/07/26 8
この記事を
クリップ

yonigeが9月20日に全国公開される、新鋭作家ふくだももこの長編初監督作品「おいしい家族」に主題歌『みたいなこと』を書き下ろした。
この映画は主人公・橙花を話題の若手女優・松本穂香が演じ、亡き妻の服を着て暮らす父・青治には、多方面で活躍する板尾創路。青治のパートナーであり、お調子者の居候・和生を浜野謙太が好演。人も気候も穏やかな島を舞台に、新たな家族像を作り上げる作品となっている。




本日公開された予告編では、主題歌『みたいなこと』を一足早く聞くことができるのでチェックしてみよう。

【監督コメント】
大好きなyonigeが私の映画の曲を作ってくれるなんて、夢みたいだ。
「みんな考えすぎて苦しくなって、ほんまはもっとどうでもええのにね」と言ったら、牛丸ちゃんが「わかります」と目を見て言ってくれた。
「みたいなこと」を聴いたら、ほんとうにぜんぶ伝わっていてびっくりした。
もっともっと、yonigeを好きになった。
ふくだももこ(映画「おいしい家族」監督)



映画「おいしい家族」
9月20日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー

【ストーリー】松本穂香演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

出演:松本穂香 板尾創路 浜野謙太 笠松将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁俊太郎
監督・脚本:ふくだももこ 音楽:本多俊之

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)