Jewel、改名後初シングルリリース日に “世界を目指す”決意表明

音楽 公開日:2019/07/25 9
この記事を
クリップ

完全生で歌い踊るライブにこだわり、 世界に通用するパフォーマンスを目指し活動中の平均年齢18歳ボーカル&ダンスグループJewelが、 “J☆Dee'Z”から改名後初のシングル『前へ』のリリースを記念して発売日にタワーレコード渋谷 B1F「CUTUP STUDIO」にてライブを行った。



 

この日は、 Jewelとしてのいわばデビュー日。 記念すべき日のライブに多くの人が足を運び、 会場は熱気につつまれていた。 JewelのメンバーがMVの衣装に身を包んで登場すると、 大きな歓声が沸き起こった。

『いますぐに会いたい』から始まったこの日のステージでは、 生歌のハーモニーとシャープなダンスで、 唯一無二のパフォーマンスを見せた。 また、 この日は『前へ』に収録されている『アシタノアタシ』を初披露。 メンバー自身が振付を担当し、 マイクスタンドを使ったパフォーマンスで会場を沸かせた。

MCではamiが「リリース日を迎えて、 正真正銘Jewelになったって感じがします」と語ると、 MOMOKAも「CDを手にして、 改めて実感しました」とコメント。 Nonoは「改名する前は不安な気持ちもあったけれど、 改名を発表してみなさんが暖かく応援してくださって、 みなさんと一緒に大きなステージに行きたいという気持ちがさらに強くなりました。 絶対連れていきます!」と決意を表明した。

さらに、 Jewelとして初、 自身最大規模の全国ツアー「Jewel First Tour ~Unveiling~」を開催することも決定。 全国9か所を回り、 大阪・愛知・東京のラスト3公演は生バンドを率いたライブとなる。 世界を見据え、 パフォーマンスを磨いていく彼女たちの今後から目が離せない。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ