そらる『ワンダー』のMV公開、少年が再び歩き出す姿を描く

音楽 公開日:2019/07/22 27
この記事を
クリップ

7月17日(水)に発売したそらるの3rd ALBUM『ワンダー』が、オリコンのアルバムデイリーで1位(7月16日付)を獲得。活動11年目となる7月22日(月)にアルバムの表題曲でもある『ワンダー』のミュージックビデオを公開した。「ワンダー」は「奇跡」といったファンタジー的な意味合いの“wonder”と、「さまよう」という意味の“wander”があり、ミュージックビデオは、主人公の少年は暗い過去に囚われ一人で彷徨うなか、大切なものに気づいたとき、少年が再び歩き出す姿を描いている。


今作のアニメーションの監督には、2019年6月に劇場アニメ『薄暮』の美術監督を務め、イラストレーターからアニメーション監督として幅広く活躍する、Merrill Macnaut(メリル マックナウト)監督を迎え制作は行われ、Merrill Macnaut監督はそらるの最新楽曲『ワンダー』のミュージックビデオを担当し、「“この歌を必要としているような人間”を主人公にすることで『ワンダー』という曲の持つ魅力や、存在意義を描けるのではないか?と考えたためです。映像の中で何が起こったのかは見た人それぞれの解釈によって補完できるように構成しました。楽しんでいただけると幸いです。」と語ってくれた。

そしてそらるは『ワンダー』ミュージックビデオの完成を得て「背景美術がとても美しく始めて見たときはとても驚きました。リアルの中のワンダーを監督さんの解釈も含めつつ綺麗に表現していただけてとても嬉しいです。沢山の人に見ていただきたい作品になりました」と見どころを語ってくれた。
本日よりYouTubeで『ワンダー』ミュージックビデオを観ることができる。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)

関連タグ

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント