川本真琴 新作アートワーク公開、カセット盤には18才当時のプライベート写真

音楽 公開日:2019/07/08 13
この記事を
クリップ

シンガーソングライター川本真琴が今夏、9年ぶりにリリースする4thフルアルバム『新しい友達』の全アートワークが公開された。


8月7日には全12曲入りのCDアルバム『新しい友達』と、アナログ7inch『新しい友達ll』を発売。8月21日には、CD収録曲+インストゥルメンタル2曲の14曲を収録したアナログLP『新しい友達』と、同アルバムから選曲された6曲+オリジナルの新作が収録されるユニークな企画盤カセットテープ『18才』をリリースする。


『新しい友達』はデビュー23年を迎える川本真琴が、初のオール・セルフプロデュース。リード曲『新しい友達ll』では峯田和伸がツインボーカルとして参加。『君と仲良くなるためのメロディ』では七尾旅人がボーカル&ギターで参加している。他にもmabanua、Jimanica、山本精一、野村陽一郎、マヒトゥ・ザ・ピーポー、有本ゆみこ(sina suien) など豪華コラボが実現した。


さらに、全てのヴィジュアルプロデュースも川本が担当。写真家・熊谷直子、スタイリスト・髙山エリ、アートディレクター・本忠学という豪華な顔ぶれが揃い、東京・代官山にて撮影された。カセット盤の『18才』では、タイトルにちなみ1992年18才当時の川本のプライベート写真を使用、本人曰く「間違った告白のようなカセットテープ」とのことで、遊び心満載の内容となっている。




そして、8月6日のディスクユニオン新宿でのサイン会を皮切りに都内4か所と大阪で、新作の発売に合わせたインストアイベントの開催も発表された。会場ではライブやサイン会が予定されている。ぜひ足を運んでみよう。


<アートワークへの川本真琴コメント>
スタイリストの高山えりちゃんの作っている『ギリギリマガジン』がすごく好きで、そのスタッフチームを彼女に紹介してもらいアートワークをお願いしました歌詞のブックレットはzineのような濃密ポップな仕上がりになっています。

<川本真琴 NEW ALBUM 『新しい友達』発売記念インストアイベント>
■8月6日(火)19時~

ディスクユニオン新宿 サイン会

■8月6日(火)20時~

du cafe   DJ、川本真琴プロデュースフード&ドリンク販売

■8月18日(日)19時~

タワーレコード難波店 ライブ&サイン会

■8月25日(日)17時~

HMV渋谷 ライブ&サイン会

■8月28日(水)19時~

タワーレコード横浜ビブレ店 ライブ&サイン会

■9月1日(日)18時~

タワーレコード新宿店 ライブ&サイン会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)