MAG!C☆PRINCE+九星隊+Hi☆Five、イケメンユニット14STARS 新曲初披露

音楽 公開日:2019/07/06 9
この記事を
クリップ

2015年にデビューし愛知・岐阜・三重3県オーディションから2015年3月に結成され、東海地区を拠点に活動するボーイズグループMAG!C☆PRINCE(マジックプリンス/通称 マジプリ)。




昨年リリースした7thシングル『SUMMER LOVE』(サマラブ)が、オリコン週間シングルランキング にて1位を獲得。12月には日本ガイシホールワンマンライブ「本気☆LIVE Vol.7 in日本ガイシホール ~MAG!C☆PRINCE 3rd Anniversary~」を成功させた彼らがさらなる展開を見せる。

7月6日にZepp NAGOYAで開催されたMAG!C☆PRINCEの「本気☆LIVE Vol.8」にて、スペシャルユニットのパフォーマンスを初披露。

MAG!C☆PRINCEのライブ中盤で、九州を拠点に活動する弟分グループ 九星隊(ナインスターズ)と、今年デビューした地元東海地区の弟分グループ Hi☆Five(ハイファイブ)の2組も登場し、彼らを従えた、イケメン総勢14人のユニット「14STARS」(フォーティーンスターズ)として、新曲『恋をしようJAPANを初披露すると、この日一番の歓声に包まれた。この夏を盛り上げるパーティーチューンは7月7日より配信限定でリリースされる。

そして14STARSはさらにもう1曲、同じ事務所の先輩グループ D☆DATEの代表曲『Blue Dahlia ! -テニハイラナイキミ-』をカバーし、先輩へのリスペクトを込めて14人でパフォーマンスをした。

なお、九星隊は8月31日に地元、Zepp FUKUOKAにて「九星隊 弐陣乱舞」を開催。Hi☆Fiveも8月10日にNAGOYA ReNY limitedにて、初のワンマンライブを控えている。

ワタナベエンターテインメント所属のイケメン達のポテンシャルと今後の進化に注目が集まる。


<MAG!C☆PRINCEリーダー平野泰新コメント>

今回、マジプリとしてだけではなく、14STARSとしてもZepp  NAGOYAのステージに立つことが出来て、とても光栄でした!この3グループが一緒になることにより、いつものマジプリのZepp公演とは違う、また違った一面や新鮮さを、皆さまにも感じてもらえたのではないかと思います!デビューして4年目となり、九星隊やHi☆Fiveという後輩と呼べる仲間、そして応援してくださる皆さんもたくさん増えて、とても心強いです!これからも、僕たち3グループそれぞれはもちろん、14STARSとしても引き続き応援を宜しくお願いします!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)