米倉涼子 世界デビュー決定、120カ国で「シカゴ」名曲配信

音楽 公開日:2019/07/03 6
この記事を
クリップ

NY・ブロードウェイ(BW)の初演から22年を迎え、アメリカ作品として歴代1位のロングラン、世界36か国・500都市以上・12言語で上演されているメガヒット・ミュージカル「シカゴ」。実話に基づいた二人の悪女によるスキャンダラスなシンデレラ・ストーリーは、奇しくも人々の共感を生み、『オール・ザット・ジャズ』など、名曲揃いのミュージカル・ナンバーと、鬼才ボブ・フォッシーの振付を体現するセクシーな衣装に身を包んだ超一流のダンサーたちは、世界中の観客を魅了している。この作品で2012年にBWデビューを飾り、2017年の「シカゴ」20周年アニバーサリーイヤーにもBW公演でロキシー・ハート役を務めた米倉涼子が、自身の女優人生20周年を記念する2019年、日本人女優史上初となる3度目のブロードウェイの舞台へ。




さらには、自ら演じるロキシー・ハート役の名ナンバー『ロキシー』で、7月に配信世界デビューを果たす。同時に日本盤CD『シカゴ』のボーナス・トラックとしても収録が決定。NYから世界へ、キュートでセクシー、時にはユーモラスなロキシーのキャラクターを見事に演じ切る米倉涼子の魅惑の歌声が響き渡る。

「私にとって特別なミュージカル『シカゴ』という作品で、この度3度目の夢の舞台ブロードウェイに立て、自分が演じるロキシー・ハートの大切なナンバーである『Roxie』を、NYでカンパニーの皆さんとレコーディングデビューでき、そして、素晴らしい体験をさせて頂けたことをとても嬉しく思います。世界中の方にも私の『Roxie』を楽しんでいただけると嬉しいです。このレコーディングに沢山のお力添えをくださった方々に感謝します――米倉涼子

「素晴らしい!リョーコがこの2分半に込めた豊かなキャラクター、希望、愛らしさ、艶、魂、ユーモアがとても美しく伝わってきます。
リョーコ、おめでとう。そして携ったすべての人にもおめでとう!
ブラボー!!
――ロブ・ボウマン(『シカゴ』ブロードウェイ音楽監督)」

そして、8月に来日するアメリカ・カンパニーの特別公演にも引き続き主演。女優20周年を迎え、様々な役柄を演じてきた女優米倉涼子が、唯一自ら求め続ける役、ロキシー・ハート。さらにパワーアップしたプレミアム公演をお見逃しなく。


photo by Junji Ishiguro

関連タグ