フジファブリック志村正彦没後10年 映像作品ジャケット&ティザー映像解禁

音楽 公開日:2019/07/02 22
この記事を
クリップ

フジファブリック志村正彦(Vo/G)没後10年となる今年、ファンによって最も作品化が待ち望まれていた、事実上、生前最後の年(2009年)に敢行された貴重な2つのツアーを、志村の誕生日でもある7月10日に満を持してリリースすることが決定。そのジャケットとティザー映像が解禁された。

ジャケットは、インディーズより初期フジファブリックのジャケットの多くを手掛けた柴宮夏希がデザインを担当。オリジナルグッズ付の完全生産限定盤は、1st アルバム『フジファブリック』以来となる、温かみのある手書きで描かれたメンバーイラストによるLPサイズの特別BOX仕様。通常盤は、ブートレグ作品のイメージを強調させたライブ写真で構成されている。


作品内容は、当初予定していた各タイトル1DVDずつを大幅に上回り、各タイトル2DVDずつ、トータルタイム430分(7時間強)となった。ティザー映像は、それを約3分強尺に凝縮して描かれており、10年前の2009年、志村正彦が、そしてフジファブリックが過ごして来た激動の1年をここに垣間見ることが出来る。ライブ収録曲や特典映像、完全生産限定盤に梱包される復刻グッズ等についても本日公開された最新情報を是非ご確認頂きたい。
さらに先日、ファン投票で収録曲が決まる“フジファブリック史上初!”プレイリストアルバム『FAB LIST』 が、過去に在籍していたEMI Records / ユニバーサルミュージックから『FAB LIST 1』、そして現在在籍しているSony Musicから『FAB LIST 2』として8月28日(水)に2枚同時リリースされることが発表されたばかりだが、EMI在籍時代にリリースされた4作のオリジナルアルバムを、初の紙ジャケ&SHM-CD化で同日にリリースすることも決定した。

志村正彦の没後10年を迎える2019年の今年、志村が身を削るようにして生み出した楽曲の数々、フジファブリックの姿を次の10年に伝えるべく、7月、8月の連続リリースとなる。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)