BTSの新曲『Lights』、USJ人気アトラクションに起用&MV610万再生突破

音楽 公開日:2019/06/27 20
この記事を
クリップ

BTSの日本10thシングル『Lights/Boy With Luv』の発売を記念して、BTSの新曲『Lights』が期間限定でユニバーサル・スタジオ・ジャパンの大人気アトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」に起用される。

「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」は5曲の中から自分の好きなBGM楽曲を選び、音楽とともにライド体験を楽しめるコースター。BTSの希望へのメッセージが込められた珠玉のナンバー『Lights』と、重力から解放され、まさに空を飛んでいるような爽快感のライド体験とのコラボレーションが楽しめるのは、6月28日(金)から。


新曲『Lights』はこれまで自分自身と向き合い様々の思いの中で成長を続けてきた彼らだからこそ描くことのできる“僕らはいつでも音で繋がることができる、そして目を閉じればいつも互いの光を見ることができる”という希望のメッセージが込められた珠玉のナンバーで、日本オリジナル楽曲としては約4年ぶりにミュージックビデオが作られた。21日にティザーが公開されるや「カッコイイ」「早く全編が見たい」というコメントが全世界から寄せられ610万再生(26日18時現在)を突破。MVの全編は7月3日に公開される予定だ。

BTSは、4月12日に発売したアルバム『MAP OF THE SOUL : PERSONA』が86の国と地域のiTunes’トップアルバムチャート‘で1位を獲得し、リード曲『Boy With Luv feat. Halsey』のMVは“24時間で最も視聴されたYouTube動画”、“24時間で最も視聴されたYouTubeのミュージック・ビデオ”、24時間で最も視聴されたK-POPグループのYouTubeミュージック・ビデオの部門でギネス世界記録に。さらに、【2019 ビルボード・ミュージック・アワード】では、トップソーシャルアーティスト賞、トップ・デュオ/グループ賞の2部門を受賞。

5月4日(以下、現地時間)のアメリカ・ローズボウルスタジアムを皮切りに行っているスタジアムツアー『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF’』は6月8日のフランス・パリ公演までの6都市12公演で65万人を動員。7月6日から大阪と静岡でのスタジアム公演を行う。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」詳細
期間:2019年6月28日(金)~9月1日(日)
DREAM TRACK 2:「Lights」by BTS






※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)