DEEN、横浜アリーナで「テイルズ オブ」シリーズ歴代テーマソングを熱唱

音楽 公開日:2019/06/17 25
この記事を
クリップ

6月15日と16日の二日間に渡り、横浜アリーナにて「テイルズ オブ フェスティバル 2019」(主催:テイルズ オブ フェスティバル実行委員会)が開催された。

初日の15日の公演では「テイルズ オブ」シリーズのテーマソングを3作に渡って担当したDEENのライヴが行われ、集まった超満員の観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

1997年の『夢であるように』(「テイルズ オブ デスティニー」テーマソング)、2008年の『永遠の明日』(「テイルズ オブ ハーツ」テーマソング)に続き、2019年に発表したDEEN史上3度目となる「テイルズ オブ」作品のテーマソング『ミライからの光』(「テイルズ オブ ザ レイズ」)など、アップテンポなロックナンバーを立て続けに披露したボーカル池森秀一は、「『テイルズ オブ』 シリーズを通じて、DEENの作品を大勢の方に聴いていただけて嬉しいです。皆さんに感謝します!」と、20年以上を共に歩んだ大人気ゲーム作品『テイルズ オブ』シリーズへの想いを語った。




巨大ビジョンにゲームのアニメーション映像が映し出され、DEENの演奏とシンクロするたびに歓声が上がり、カラフルなサインライトに埋め尽くされた横浜アリーナは、まさに夢のような時間に包まれ、DEENのステージは幕を下ろした。

また、DEENからは新たなリリース情報が発表された。
2017年に開催され、映像化の要望が殺到していたDEEN三人体制のツアー、「DEEN LIVE JOY-Break20 ~Sun and Moon~」からツアーファイナル公演が全曲ノーカットで、8月21日にBlu-ray & DVD化されることが決定した。
夏にはAORライヴツアーを開催するDEEN、今後の活動に注目したい。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)