“鼓膜彼氏”ソン・シギョン、野島伸司作詞で初の日本ドラマ主題歌リリース決定

音楽 公開日:2019/06/18 5
この記事を
クリップ

“鼓膜彼氏”という異名をもち、これまで数々の韓国ドラマ主題歌を歌唱したソン・シギョンが、FODオリジナル連続ドラマ「百合だのかんだの」で日本での初ドラマ主題歌を担当。その主題歌『ハチミツ』を配信シングルとして7月10日にリリースすることが決定した。




FODオリジナル連続ドラマ「百合だのかんだの」は、名だたる名作ドラマを世に放つ野島伸司脚本、馬場ふみか主演のドラマで、偶然再会した女の子二人が、友情や親友という言葉だけではくくれない関係に発展し、やがてお互いを想いあうという、女の子同士の献身的な姿を描いた作品。

その主題歌である『ハチミツ』は、ドラマの脚本家でもある野島伸司作詞の楽曲で、恋愛における甘くも消えてしまいそうになる思いや関係を「ハチミツ」をキーワードに表現したテンポ感あふれるポップナンバー。「常に時代の最先端を敏感に描く野島伸司さんらしいドラマなので僕も今までと違った新たな曲に挑んでおります」とソン・シギョンが意気込みを語る通り、新たな魅力を堪能できる楽曲に仕上がっている。

また、『SUNG SI KYUNG LIVE TOUR 2019 “歌” IN JAPAN』と題した、日本でのライブツアーも決定。
7月27日大阪IMPホールからスタートし、8月7日の札幌PENNY LANE24まで、6都市7公演にて開催される。

この記事の画像一覧 (全 2件)