LUNA SEA、毎年恒例の「LUNATIC X’MAS」 SSA 2days公演を発表

音楽 公開日:2019/06/01 4
この記事を
クリップ

LUNA SEAは、5月31日、6月1日の二日間に渡り、結成30周年を記念したスペシャルライヴ「LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days-」を日本武道館にて開催。360度超満員の会場には、両日あわせて3万人を超えるファンが集結した。




そしてその二日目のアンコールでは、RYUICHIより、12月21日、22日の二日間、さいたまスーパーアリーナにて、すでに恒例となったクリスマスライヴ「LUNATIC X’MAS 2019」の開催が告げられた。

先ほど、記念すべき10枚目となるオリジナルアルバムが12月にリリースされること、そしてその作品は、U2、ザ・ローリング・ストーンズなどを手掛け、通算5度のグラミー賞を獲得している世界的音楽プロデューサー、スティーヴ・リリーホワイトとの共同プロデュースで制作されているというビッグニュースが届いたばかりだが、その世界最高基準の作品をライヴでいち早く体験出来るのが、このさいたまスーパーアリーナ2days公演ということになりそうだ。

今回で4年連続のさいたまスーパーアリーナ2days公演となるが、今年は結成30周年イヤーということもあり、これまでにないスペシャルでルナティックな聖夜になることだろう。

現在放送中の機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星のオープニングテーマ『宇宙の詩 ~Higher and Higher~ / 悲壮美』のシングルリリース、そして360度超満員の日本武道館2daysと、華々しく30周年イヤーの幕を開けたLUNA SEA。今後の動向からまだまだ目が離せそうにない。


カメラマン:田辺佳子/橋本塁

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ