眞栄田郷敦がMV出演「全てがかっこよくて…」

音楽 公開日:2019/05/28 27
この記事を
クリップ

今月24日に公開されたばかりの映画「小さな恋のうた」に出演中の新人俳優、眞栄田郷敦(まえだごうどん)が出演するSING LIKE TALKINGのニュー・シングル『Spiral』(5月29日リリース)のミュージックビデオがYouTubeで公開となった。

眞栄田郷敦にとって、アーティストのミュージックビデオで演技するのは今回が初めてであり、映像のなかではキレのある身のこなしで生まれ故郷のアメリカではじめたというストリートバスケをプレーする姿など、映画「小さな恋のうた」とは異なるスポーティな一面を披露している。

今回のミュージックビデオでの初演技について眞栄田郷敦は、「元々、音楽が大好きなのですごくやりがいのある撮影でした。大好きなバスケシーンなどストリートの要素、綺麗なロケーション、監督のイメージやカメラマンさんの撮り方、全てがかっこよくて心から楽しんで撮影をさせていただいてました。全く違うシーン、全く違うロケーションなのに全てが繋がってるワンカットのようにみせる撮影方法も役者として新しい貴重な経験になりました。これからも色々なMV撮影をしたいという気持ちはもちろんですが、特に今回お世話になった監督とこれからも、もっともっと新しい、かっこいい斬新な物作りをしていきたいです。」とコメント。




また今年、メジャーデビュー31周年を迎え、『Spiral』を歌唱するSING LIKE TALKINGの佐藤竹善は、完成されたミュージックビデオを見て 「この楽曲はドラマに向けて書き下ろされたものなのですが、歌の世界が描く「現実の冷酷さと、その先の希望」が、映像のシンプルなストーリーが表す若者の日常と、眞栄田くんの瑞々しい表情と演技で、ドラマとはまた違った角度からの、心情の奥深さや葛藤を表現していると感じています。力強さと重厚さを柱として伝わってほしいこの曲のメッセージが、また新たな色彩でみなさんの心のなにかしらの触発になってくれたら幸いです。」とコメントした。

今後も映画、ミュージックビデオと着実に俳優としてのキャリアを歩み始めた眞栄田郷敦から目が離せない。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)