川嶋あいの“天使の歌声”に安住アナ「45歳の私でもときめいてしまう」

音楽 公開日:2019/05/28 6
この記事を
クリップ

5月15日自身初となるコラボアルバム『Ai ×』をリリースした川嶋あいが、5月27日放送のTBS「あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル」に出演し、デビュー曲『明日への扉』を披露した。

この番組は、日本中の“あなた”が聴きたい曲を番組コンセプトに放送。今回は「新たな令和世代の人に聴いてほしい名曲」と題して、これから生まれくる人たちにも聴いてほしい曲を選出した番組であり、川嶋あいのデビュー曲である「明日への扉」も“令和世代の人に聞いて欲しい曲”に選ばれた。




番組中、総合司会の安住紳一郎アナウンサーは「45歳の私でもときめいてしまう歌声です。」と川嶋あいを紹介。真っ白のワンピース姿で、デビュー当時を思わせる“天使の歌声”を視聴者に届けた。

収録に臨んだ川嶋あいは「この度令和に残したい曲の一つとして、『明日への扉』を選んでいただけたことに心から感謝しています。この曲は、私にとっての始まりの扉のような曲であり、この曲が繋げてくれた大切な人と人との出逢いがいくつもあります。新しい時代の幕開けと共に私自身気持ちを新たにし、令和でたくさんの方に愛していただき、その先の時代へと残していただけるような楽曲を、日々情熱を注ぎながら創り出してゆくことを何より目指していきたい。そんな風に思っています。」と思いを告げた。

そんな川嶋あいは今月末から全国5カ所を回る全国ツアー「川嶋あい LIVE TOUR 2019 ~雨足~」をスタートさせる。さらに8月20日にはデビュー前から開催している17年連続となるワンマンライブ「Ai Kawashima 17th LIVE 歌園-UTAZONO-」の開催も決定している。

シンガーソングライターの草分け的存在と呼ばれる川嶋あいから今後も目が離せない。

この記事の画像一覧 (全 3件)