May J. “悪魔と愛が生まれた”?「Mステ」で平成名デュエット曲をカバー

音楽 公開日:2019/05/18 8
この記事を
クリップ

4月17日に平成のラブソングを選曲したカバーアルバム『平成ラブソングカバーズ supported by DAM』をリリースしたMay J.が、テレビ朝日「ミュージックステーション」にて、『愛が生まれた日』をデーモン閣下とデュエットした。




 この楽曲は、平成6年にリリースされミリオンヒットを記録したデュエットの名曲。「平成ラブソングカバーズ supported by DAM」に収録されており、「May J. duet with デーモン閣下」としてのパフォーマンスはテレビ初披露となった。

テレビ初披露となったパフォーマンスでは、息がピッタリあったデュエットで、曲の最後に、デーモン閣下May J.を抱き寄せる演出もあり、SNS上では、「魔界からの悪魔とMay J.のデュエットの意外さが素敵」「2人ともさすがの歌唱力!」「素晴らしいコラボレーションに惚れ惚れ」など、絶賛する書き込みが多く見られた。

番組終了後、May J.は「ミュージックステーションは、とても緊張するのですが、今日はデーモン閣下と一緒だったのでとても心強かったです。当日のリハーサルで閣下から『こういうフリがいいのでは』と提案して頂いて、曲の最後に閣下が抱き寄せる演出を考えました。この曲のストーリーが視聴者の方々により伝わったのではないかなと、デーモン閣下に感謝してます。ありがとうございました!」とコメントした。

“悪魔と愛が生まれた”、平成の名曲のカバーを含むアルバムは好評発売中だ。

 

この記事の画像一覧 (全 2件)