上白石萌音ミニアルバムリリース、5つの恋を紡ぐ

音楽 公開日:2019/05/14 3
この記事を
クリップ
}/

上白石萌音が、7月10日にミニアルバム『i』(アイ)をリリースすることを発表した。

CD作品としては2017年7月以来、約2年ぶりのアルバムリリースとなる本作のコンセプトは「上白石萌音が歌う、5つの恋物語」。収録される5曲は、「思わせぶりな恋」「幸せな恋」「終わった恋」「誰にも言えぬ恋」「片想いの恋」をテーマにそれぞれの恋の形が描かれる。




このアルバムに、上白石自身が選んだタイトルは『i』(アイ)。i(I=自分)、アイ(愛)、そして“1人”を想って歌うという i(ローマ数字の1)、そんな想いを込めた。その強い意志を示すように、赤いワンピースを着た上白石萌音が、大胆に林檎の中に寝転ぶ姿が印象的なジャケット写真に仕上がっている。

またこのアルバムには、常に女性の圧倒的な支持を得るYUKIが作詞を担当、作曲・サウンドプロデュースにMVの総再生数1億回を誇り、動画発アーティストの中でも破竹の勢いで注目を集めるバンド、ヨルシカのn-buna(ナブナ)を迎えるという、想像を超えたコラボレーションが実現した楽曲『永遠はきらい』が収録されることが決定。YUKIの恋心を巧みに表現したファンタジックな世界観、そしてヨルシカの全楽曲のコンポーザーであるn-buna(ナブナ)のキャッチーで忘れられないメロディを、上白石萌音が見事に歌い上げる。

さらに、4月に配信シングルとしてリリースされた『ハッピーエンド』もCD作品として初収録。ラブコメディ映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の主題歌として、女の子のかわいい恋心を表現したこの曲は、SNSでも「歌詞がかわいい!」と話題を呼びと配信と同時に主要音楽配信サイトでTOP10にランクイン、サブスクリプション再生が140万回を超えるなど、ロングセールスを記録している。

 

上白石萌音コメント>

5つの恋を、尊敬する皆様と共に紡がせていただきます。そして5曲全部にI(i)=私、アイ=愛と、I (1)=どの曲も”たった1人を想って歌う“という想い込めて、アルバムタイトルを「i」(アイ)と決めました。絶賛制作中で、まだわたしにも全貌が見えていませんが、恋をする時のように、胸を踊らせ、想いを巡らせながら、細部まで大切に作っています。楽しみにしていてください!

この記事の画像一覧

関連タグ