EXILE SHOKICHIが中吊りジャック、「1114ヒストリートレイン」走行開始

音楽 公開日:2019/05/13 10
この記事を
クリップ

5月15日にEXILE SHOKICHIがニューアルバム『1114(イレブンフォーティーン)』をリリースすることを記念し、東京・大阪の電車内の中吊り広告ジャックを実施。「1114ヒストリートレイン」として走行を開始した。
ニューアルバム『1114』は、前作『THE FUTURE』(2016年4月27日発売)からの日数を意味し、SHOKICHIの1114日間の歴史が詰まった渾身の作品となっている。
5月13日から走行を開始した「1114ヒストリートレイン」は、その1114日間の中で行われたEXILEEXILE THE SECONDのライブの中の様々な写真を用いた中吊り広告を掲出し、まさにSHOKICHIの1114日間の歴史を現す写真展のような演出となっている。


掲出されている路線は東急東横線・田園都市線・目黒線・大井町線・池上多摩川線、R西日本大阪環状線。それぞれ1編成をまるごとジャックしている。掲出されている写真は全14種類(JR西は8種類)。
前作『THE FUTURE』の発売から、SHOKICHIEXILE THE SECONDとして2枚のアルバムの発売と2本のアリーナツアー、さらにEXILEでもアルバム『STAR OF WISH』の発売とドームツアーを敢行。そして2018年7月には、自らがプロデュースするレーベル“KOMA DOGG”を設立するなど精力的に活動してきた日々の中で、SHOKICHIが学び、身につけ、育んできたMusicality(音楽性)を高めてきたものが『1114』に詰め込まれている。

この記事の画像一覧 (全 3件)