GLAY、令和最初のライブは平成の名曲オンパーレード

音楽 公開日:2019/05/11 6
この記事を
クリップ

GLAYが令和初となるライブ「セブン−イレブン Premium Live GLAY HERITAGE 2019」を2019年5月7日(火)に東京・Zepp DiverCity、10日(金)に大阪・Zepp Osaka Baysideにて行った。

今回のライブは、昨年2018年にセブン−イレブン限定で販売されていた「GLAY SPECIAL 7 LIVES LIMITED BOX」を購入した人の中から、抽選で東京・大阪合わせて5000名を招待して行った、超プレミアムライブ。特に東京公演に関しては、GLAYの令和初ライブともあり、記念すべき公演となった。




今回のために用意された特別なステージが赤いライトで照らし出され、よくセブン−イレブンのCMで耳にするフレーズのSEが流れると、メンバーがステージに登場。TERU(Vo.)の「熱く行こうぜ!」の掛け声と共に、令和初となるGLAYのライブは爽やかなミディアムナンバー『愁いのPrisoner』でスタート。この楽曲は昨年のセブン−イレブンフェアタイアップ楽曲でもあり、今回のライブを代表するナンバーと言える。続いて披露したのは、GLAYのヒットナンバー『SOUL LOVE』。イントロのギターが鳴っただけで会場からは歓声が上がり、いきなりのヒットナンバーに会場は早くもヒートアップした。

そして今回ライブタイトルは“HERITAGE(遺産)”ともあり、平成の名曲とも言えるGLAYのヒットナンバーを立て続けに披露する。『ここではない、どこかへ』『グロリアス』と続くGLAYのキラーチューンに、会場が一体となってサビを歌う様子も垣間見え、一段と熱気に包まれた。

次いでTERU(Vo.)は、「GLAYは昭和の最後に結成し、活動丸々30年を平成と共に歩んできました。令和元年、これからもよろしくお願いします!平成最後にリリースしたこの曲を聴いてください。」と語り、新曲『元号』を披露。元号が変わり新たな時代を迎えるにあたり制作したという同曲は、歌詞に注目して聴きたい一曲だ。自分たちが生きてきた時代に対するメッセージを、力強い歌声で歌いきった。

その後は大ヒットバラード『Winter, again』を披露。切なくも力強いメロディーに会場中が聞き入った。バラードが染み渡った会場を熱くしたのは、TVアニメ「ダイヤのA actⅡ」オープニングテーマでもある『はじまりのうた』。疾走感あるプレイに魅せられた会場中が、躍動感に溢れた。この『はじまりのうた』は、TVアニメ「ダイヤのA actⅡ」のオープニングテーマとしてTVサイズのみ公開されているが、今回のライブで初めてフルサイズでしっかりと観客に届けられた。

新曲のフルサイズ披露で会場中が興奮に包まれる中、メンバーからは更に嬉しいサプライズが。TERU(Vo.)が現在アルバム制作中であることを話すと、TAKURO(Gt.)より、新しい時代に新しい一曲ということで、特別にもう一曲新曲を用意したことが明かされた。「俺たちに身を任せて盛り上がって欲しい」と呼びかけた通り、全員が初めて聴く曲であるはずにもかかわらず、そうとは思えぬ勢いで会場中が一体となって体を揺らした。このナンバーは、まさに”GLAYの王道ロックナンバー“と言えるだろう。

そこからは、伝説の20万人ライブを彷彿とさせる『SURVIVAL』、冒頭からTERU(Vo.)が超ロングシャウトをかます『FATSOUNDS』と、観客の一体感を更に高め、会場ボルテージは一気に沸騰。最後にライブ定番のロックナンバー『彼女の“Modern…”』を披露し、本編を締めくくった。

もちろん興奮冷めやらぬ会場にはアンコールの声が響き、メンバーが再登場。ここでも嬉しいことに、映画「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の主題歌『COLORS』のサビを急遽サプライズで披露してくれた。

その後アンコール1曲目にはゴールデンボンバーの名曲『女々しくて』をGLAYのメンバーだけでカバー。同曲はGLAYにとって平成最後のライブとなった「ニコニコ超会議2019」内の、GLAYとゴールデンボンバーの対バンライブ「超プレミアムライブ GLAY × ゴールデンボンバー in 超音楽祭2019」にて披露し、話題となったことが記憶に新しい。

会場のがまたヒートアップすると、続いてはライブの人気曲『SHUTTER SPEEDSのテーマ』を披露。熱くなった会場にTERU(Vo.)が「これが最後の曲だ!」と語ると、GLAYの代表曲『誘惑』でまとめ上げた。立て続けのアッパーチューンに、会場はこの日一番の盛り上がりを見せた。 

最後はメンバーが「HEAVY GAUGEツアーは心に響くツアーになっているので、楽しみにしていて下さい。またHEAVY GAUGEツアーで会いましょう、HEAVY GAUGEで会えない人は、夏にメットライフドームで会いましょう!」と新元号初の全国ホールツアー、そして25周年イヤーに突入したGLAYの夏のドーム公演での再会を誓い、令和初のGLAYのライブは幕を閉じた。

カメラマン:田辺佳子

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ