今年でファイナル「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー」に3000人が熱狂

音楽 公開日:2019/05/05 8
この記事を
クリップ

2009年5月2日に旅立ったロック歌手、忌野清志郎さん(享年58)にゆかりのアーティストが大集結したイベント「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー」が4日、東京・日比谷野外音楽堂で開催された。

同ライブにはRCサクセションのギタリスト、仲井戸麗市に加えて、Char、鮎川誠、竹中直人、清水ミチコ矢野顕子のん宮藤官九郎夏木マリ宮本浩次、梅津和時、三宅伸治、ら豪華メンバーが集結。




仲井戸は「忌野!聞こえるか~」とシャウトすると、約3000人のファンは大興奮。『スローバラード』『雨あがりの夜空に』『多摩蘭坂』など名曲の数々を熱唱した。

次々とアーティストが出演する中、矢野顕子のんは二人で登場し、矢野がのんからの依頼を受け、清志郎のことを思い作った『わたしはベイべー』を披露。エンディングでは、かつて矢野と清志郎がデュエットした『ひとつだけ』のフレーズも織り込まれた。

本編ラスト、『JUMP』では斉藤和義山崎まさよしらが歌う中、木村拓哉山崎まさよしに呼び込まれてサプライズで登場。会場がどよめく中、清志郎の写真がデザインされたTシャツに黒いレザー・ジャンパー姿の木村は、サビの“JUMP”のパートで何度も飛び跳ねるなどし、最後はステージに飾られていた清志郎の自転車にひざまずいてからステージを去った。

さらにアンコールでも再登場。この日の東京西部はゲリラ豪雨に見舞われ、日比谷でも開演時は悪天候が心配されたが、本番ではすっかり晴れ渡った夜空になり、豪華な出演アーティスト達が『雨あがりの夜空に』で天国の清志郎さんに歌声をささげた。ちなみに木村は1997年のフジテレビ系主演作「ギフト」で故人と共演以降、親交を深めており、今回は主催者側のオファーで出演が実現した。

このライブは清志郎が亡くなった2011年から開催。10年の区切りを迎えた8回目の今回が最後となる。仲井戸麗市は「聞いているか忌野、そろそろ戻って来いよ」と空に向かって呼び掛け、最後は「10年間、紆余(うよ)曲折ありました。最後は清志郎のファミリーにささげます。お父さんすごいな!」とあいさつし、幕を閉じた。

この日のライブの模様は、フジテレビTWOで6月30日午後8時から放送されることも決まった。



この記事の画像一覧 (全 2件)

関連記事

Md hldb5tep44k7kql1go7
三浦春馬×多部未華子、10年間の恋の行方は…斉藤和義書き下ろし楽曲のMV公開
映画・舞台 19
Md bmsllo3zjah0tsxl66h
赤楚衛二のちょっぴり怖い体験にファンほっこり「旦シェア」は第2章突入
TV 5
Md opvclqdy5qns18q572x
木村拓哉が視聴者との交流増やす 「木村さ~~ん!」2年目突入
TV 14
Md iwxru5mgehok78mimsn
山崎まさよしの相棒に北村匠海、尾野真千子の背後に不気味な滝藤賢一「影踏み」場面写真
映画・舞台 19
Md f2yizcwc8ecizgdj7s9
土屋太鳳 夏木マリ演出舞台に出演決定、ラブコール実現
映画・舞台 6
Md x2kbbwfyt9qi1b6z39d
中谷美紀&池田エライザ 共演作「属性を問わずご覧いただきたい」
映画・舞台 11
Md za510p7h5zx3j73o699
土屋太鳳 名作「Wの悲劇」主演に感謝、母親役は中山美穂
TV 6
Md pvnxj5dddvj69vak41f
木村拓哉主演でベストセラー警察小説ドラマ化、衝撃作の予感
TV 5