BiSHメンバーが「もしBiSHでなかったら」パラレルワールド描くMV解禁

音楽 公開日:2019/05/02 11
この記事を
クリップ

全国6都市で開催された爆音上映会にて突如サプライズ解禁、渋谷駅地下コンコースの壁面に巨大広告を登場させ、2000枚のCD紙ジャケ配布、ツアーでの「STiCKS」全曲披露など進行中の「#BiSHアメトムチ」プロジェクト。

5月2日24時からApple Music限定で配信開始された新曲4曲が収録された『CARROTS』からリード曲『I am me.』MVがYouTubeにてフル公開された。




本日配信の『CARROTS』は、4月3日から配信されているBiSH史上最もオルタナティヴな作品『STiCKS』と対を成すミニアルバムとなっており、モモコグミカンパニーやアイナ・ジ・エンドの作詞曲を含むBiSHのPOPな一面が堪能できる作品。

リード曲『I am me.』MVには女優・モデルとして活動している田中真琴が、BiSHの代表曲『プロミスザスター』以来2年ぶりに出演。BiSHメンバーが「もしBiSHでなかったら」というパラレルワールドを描き、田中真琴はBiSHの衣装を着用しBiSHとダンスを、BiSHメンバーも各々演技に挑戦したこれまでのMVとは一線異なる作品となっている。また、同ミニアルバム『CARROTS』収録の新曲4曲は、現在開催中の「LiFE is COMEDY TOUR」5月5日のZepp Osaka Bayside公演より全曲披露されることも告知されているので、ツアーに訪れる人もそうでない人も、まずはApple Musicでチェックしてみてはいかがだろうか。

また、『I am me.』MV公開に合わせて、新ビジュアルも公開されたので、こちらも併せてチェックしたい。7月3日に発売となる約1年半ぶりメジャー3rdアルバム『CARROTS and STiCKS』まで3ヶ月間続く「#BiSHアメトムチ」プロジェクト。引き続き注目だ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ