上白石萌音「Mステ」出演で 『ハッピーエンド』がチャート急上昇

音楽 公開日:2019/04/27 10
この記事を
クリップ

昨日テレビ朝日「MUSIC STATION」に上白石萌音が出演。内澤崇仁(androp)とともに披露した「ハッピーエンド」が、放送直後に音楽配信サイトのランキングで2位記録し話題となっている。


上白石萌音主演の映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(3月21日(木・祝)公開)の主題歌であるこの曲は、4月5日に音楽配信を開始すると、主要サイトでも続々TOP10にランク入り。さらに、台湾の大手音楽配信サイトで『ハッピーエンド』の記事が掲載されたことで、J-POPランキングで3位を記録するなど、まさに海を越えた反響を見せていた。そして、4月26日(金)にテレビ朝日「MUSIC STATION」の出演したことを機に、音楽配信サイトのランキングで最高2位を記録するなど、ランキングが再浮上!

上白石は同番組に2016年12月以来、約2年4ヶ月ぶりに出演、”平成“最後の放送となった今回の出演は、SNSでも「萌音ちゃんの歌声、大好き」「最高でした!」と絶賛の声が続々投稿。本楽曲提供を行った内澤とのテレビでの共演は初めてで、番組での2人のハーモニーにも話題が集まった。

『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は、上白石萌音が主演、共演に杉野遥亮(すぎのようすけ)と横浜流星(よこはまりゅうせい)という、今最も旬なイケメン俳優が出演したことでも話題を集め、「MUSIC STATION」でも、この映画の映像とコラボした様子が話題を呼んだ。音楽でもさらなる活躍を見せる、上白石萌音の今後から目が離せない。

この記事の画像一覧 (全 4件)