超特急 史上最大級ホールツアー初日公演、最高の幕開けに

音楽 公開日:2019/04/21 6
この記事を
クリップ
}/

史上初のメインダンサー&バックボーカルグループとして、着実に人気を拡大しつつある超特急が、BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019『EUPHORIA ~Breakthrough, The Six Brave Stars~』の初日公演を、4月20日に松戸・森のホール21で開催した。

全33公演で10万人を動員し、グループ史上最大規模となる今回のホールツアーは、初開通(=初めてライブを行う)の土地も7県含んで、6人の念願だった“全国開通”が遂に達成されることに。加えて、今やアリーナ公演が基本となっている超特急が2年ぶりに行うホールツアーということで、チケット発売済みの前半16公演はすべてソールドアウトと、8号車(超特急ファンの呼称)の期待は恐ろしく高い。そして迎えた初日、満員の会場に立ち込める熱気に応え、6人は“幸福感”を意味するツアータイトル通りに、8号車の欲しいものを満載にしたステージを展開し、4ヶ月にわたるロングツアーを最高の形で幕開けた。




初日公演の開演時刻が訪れると、6人はあまりにも予想外かつ最高にうれしいオープニングで客席を熱狂させ、さらに超特急ライブ最大の武器である“8号車との共同作業”を新たなスタイルで提示。初っ端から運動量の多いエネルギッシュなステージを繰り広げて、思わずユースケが「うーん、幸福感!」と漏らせば、すかさずタクヤが「みんなで幸せになろうぜ!」と煽ってブーストを上げる。

客席から勢いよく振られるペンライトの光と全力のコールを受け、「ありがピーナッツ!」と会場のある千葉にちなんだポーズも誕生したりと、こんなご当地ネタも全国ツアーの楽しいところ。また、今ツアーのテーマソングであり、CDデビュー7周年の記念日である6月10日に発売されるニューシングル『Hey Hey Hey』も、この日さっそく初披露された。

これまでになくファンクなサウンドとミラーボールのきらびやかな光は、小粋な振りつけ&タカシのレンジの広い歌唱が相まって、レトロかつゴージャスなダンス空間を演出。ダンサー陣によるアクロバティッなソロダンスリレーも含め、そのソウルフルなオーラに場内からは大きなどよめきが湧き、背伸びをせずとも自然体で大人びたムードを醸し出せるようになった6人の姿からは、超特急の確かな進化を感じ取ることができる。また大きな見所となったのが、6人が3組に分かれてのペアフォーマンスと、幻想的なレーザーショーだ。メンバーが巧みに操作するハンドレーザーと、直線的なレーザー照明が絶妙にシンクロして、ステージ空間に躍動的な光のアートを描出。幻想的な情景に8号車から大きな拍手が贈られた。


さらに、クールなナンバーでホットなエモーションを爆発させ、オリコンウィークリーチャートで1位を獲得した『超ネバギバDANCE』では、ステージの多層構造を活かした立体的なパフォーマンスと8号車と一緒に踊るダンスで、熱い一体感を生み出してゆく。そしてアンコールでは、その一体感を感動へと見事に昇華。清々しい笑顔で初日のステージを締めくくった。

楽曲、衣装、照明、演出、舞台セットと、元気いっぱいのポップと男の色気漂わせるクールをバランスよく織り交ぜながら、これまでの7年間に発表された楽曲を丹念に掘り起こして、超特急の“温故知新”を進めている今回のツアー。「いろいろな新しい姿を見せていこうという公演です」とリーダーのリョウガがMCで語ったように、もちろん公演ごとにセットリストの変化はあるが、いずれも来場者の予想を裏切り期待に応える内容となることは間違いない。

ツアーファイナルは8月17日、日本の最南端である沖縄公演。平成から令和へと二つの時代をまたぎ、デビュー7周年に全国開通という記念すべきツアーで、一つひとつ階段を上ってゆく6人は果たしてどれだけの成長を遂げてゆくのか? 今から楽しみでならない。


この記事の画像一覧

関連タグ