横山だいすけ「ぶらり途中下車の旅」新エンディングテーマを担当

音楽 公開日:2019/04/05 3
この記事を
クリップ

元うたのお兄さんで知られる横山だいすけの新曲が日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」のエンディングテーマに起用されることがわかった。




放送開始から、27年目。土曜日の朝に、俳優小日向文世の心温まるナレーションに導かれながら、身近な電車に乗って、普段見過ごしていた風景やふれあいに出会える人気旅番組日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」(関東ローカル)。新たに番組のエンディングテーマとして流れるこの曲は、横山自身久しぶりとなるオリジナル曲で、日頃から本人とも親交が深いいきものがかり水野良樹が作詞・作曲、編曲には本間昭光が参加している。

横山は、「『愛したいひと』が『ぶらり途中下車の旅』のエンディングテーマに決まり、本当に嬉しいです!この曲は僕が尊敬する、水野良樹さんに作詞・作曲していただきました。ぶらり旅は、日々見ている何気ない景色、それらを視点を変えた時に見えてくる発見や出会いがテーマです。『愛したいひと』を聴いてくれたみなさんにも、ご自身の周りの景色がより好きになったり、周りの人をより好きになったり…誰かのそんなきっかけになれたら幸せです。」とコメントしている。

横山だいすけ×水野良樹のコラボレーションによる新たなエンディングテーマは、2019年4月6日(土)放送分からスタート。新曲『愛したいひと』の発売は未定。


【関連商品】