サカナクション、新アルバム名の数字が示すのは?「今後のツアーなどで明確になっていく」

音楽 公開日:2019/03/08 12
この記事を
クリップ

3月7日22時からオンエアされたサカナクション・ボーカルの山口一郎がパーソナリティを務めるラジオ番組TOKYO FM/JFN系38局ネット「SCHOOL OF LOCK!」内「サカナLOCKS!」にて、サカナクションが6th Album『sakanaction』リリース以来、約6年ぶりとなるNEW ALBUMをリリースすることを発表。




アルバムのタイトルは『834.194』。山口は番組内でこの謎めいたタイトルに関して「この数字の意味は、この後のアリーナツアーや特設サイトで明確になっていくと思う。なので、詳しくは語れないというか、まだ語らない方がいいんじゃないかなと思っている」「きっとこの数字が何のことなのかを理解できた時に、アルバムのテーマを理解していただけるのかなと思っています」とのこと。


また、発表に合わせてNEW ALBUMの特設サイトが公開。サイト上にはアルバムの概要と併せて、アルバムコンセプトを示唆するようなムービーが公開されている。『新宝島』『多分、風。』『陽炎』『グッドバイ』『ユリイカ』『さよならはエモーション』『蓮の花』など2013年以降のシングル、代表曲を網羅しつつ、さらに新曲を多数収録予定の2枚組仕様。現在、鋭意制作中とのことで、総収録曲数などは後日発表される。


完全生産限定盤付属のBlu-ray、DVDにはファンからリリースの声が多数寄せられていた2017年5月9日に新木場スタジオコーストで行われた『サカナクションデビュー10周年記念イベント"2007.05.09 - 2017.05.09"』を収録。ファンからのリクエストをもとにサカナクションの原点ともいえる楽曲を15曲披露。これまでの活動を振り返るメンバーのトークも多数収録され、サカナクションの本質がわかる130分超の貴重なライブ映像となっている。


アルバムリリースに合わせて4月6日からスタートする全国アリーナツアーのタイトルも『SAKANAQUARIUM 2019 “834.194” 6.1ch Sound Around Arena Session』と発表。NEW ALBUMリリースを記念したツアーとなる。チケットは3月9日(土)10:00から発売。初の全箇所サラウンド公演となるツアーとなり、チケットソールドアウト必至の様相。山口は番組内でツアーに関しても「4月からのアリーナツアーにいらっしゃる方は、ツアーの半分までは、実はアルバムがリリースされていない状態でのツアーになります。で、半分以降からはアルバムがリリースされてからのツアーになるので。アルバムを聴かずに観るライブと、アルバムを聴いてから観るライブの2種類があるので。どちらも素晴らしい体験になるはずなので、体験しに来て、この数字の意味を知っていただけたらと思います。」と言及。ツアー参加者はスペシャルな体験になりそうだ。