桑田佳祐の音楽の原点とは?NHK特別番組で昭和・平成の大衆音楽について語る

音楽 公開日:2019/03/04 8
この記事を
クリップ

桑田佳祐が昭和・平成の大衆音楽について語る特別番組、『桑田佳祐 大衆音楽史「ひとり紅白歌合戦」〜昭和・平成、そして新たな時代へ〜』がNHK 総合テレビにて2019年3月20日(水)に放送されることが決定した。



桑田佳祐が2008年から昨年まで3回に渡って行ってきた白眉の企画「ひとり紅白歌合戦」。桑田はこのイベントで昭和の歌謡曲やグループサウンズ、フォークやニューミュージック、そして平成のJ-POPまで170曲余りをひとりでカバーし、紅白のパロディーを展開することで、壮大な音楽ショーを繰り広げてきた。これは、洋楽に憧れて音楽を始め、キャリアを重ねていく中で、改めて日本の大衆音楽のすばらしさを再発見したという桑田にしかできない離れ技であった。

今回番組では、桑田が「ひとり紅白」の活動を通じて再発見した歌謡曲の魅力や先達たちへの思い、そしてその系譜に連なる「サザンオールスターズ」の知られざるエピソード、さらに桑田自身の新時代に向けた抱負までをも語ったスペシャルインタビューを収録。このインタビューを軸に、「ひとり紅白歌合戦」のえりすぐりの映像とともに、その世界をたっぷりお届けする。

桑田は、デビュー40周年を迎えた去年、本家紅白歌合戦にサザンオールスターズとして35年ぶりにNHKホールで出演し大きな話題をさらった。番組内では、日本中が沸いた北島三郎や松任谷由実との共演についても語られ、当日サザンオールスターズに密着した貴重映像も紹介。あの、日本中を熱狂させた桑田佳祐の音楽の原点、そしてその未来をこの番組から存分に感じとっていただきたい。

『桑田佳祐 大衆音楽史「ひとり紅白歌合戦」〜昭和・平成、そして新たな時代へ〜』
【放送】2019年3月20日(水)午後 10:00~11:10 (NHK 総合テレビ)
【出演】桑田佳祐


カメラマン:西槇太一


この記事の画像一覧 (全 3件)