川嶋あい、16年の歳月を経て「あいのり」主題歌をセルフカバー

音楽 公開日:2019/02/14 17
この記事を
クリップ

川嶋あいが自身のデビュー日である2月14日に『明日への扉 川嶋あい Self  Cover Ver. 』をリリースした。

川嶋あいは2003年2月14日にI WiSHのaiとして『明日への扉』でデビュー。『明日への扉』はフジテレビ系列「あいのり」の主題歌として絶大な人気を誇っており、デビューシングルにも関わらずオリコンチャート2週連続1位を獲得した平成を彩った名曲の1曲である。今回リリースしたセルフカバーバージョンは、ブラスバンドを主体とした新しい世界観になっており、16年の歳月を経てまた新たな一面が見られる一曲となっている。




YouTubeではMVも公開されており、”ナチュラルでエモい”をテーマにあるカップルの日常的なデートをドキュメンタリーテイストに表現。現代風のフィルム加工が印象深い本作では、モデルとして活動し、そのほか商品プロデュースや自身のカレー連載などでも注目を集める村田倫子をキャスティング。あいのりを見てきた世代の彼女は、MVに参加したことを「青春を刻んだ作品に、今、自分が携わっていることが夢のような時間でした。」と語る。

ジャケットは当時を彷彿させるデザインになっており、当時CDを買って聞いていた世代の心をくすぐるような内容になっている。先日コラボアルバムのリリースを発表したばかりの川嶋あいだが、続けての楽曲リリースに期待が高まる。

さらに、同日に約3年振りとなる全国ツアー「川嶋あい LIVE TOUR 2019 ~雨足~」を発表した。アコースティックサウンドでの構成を予定している今回のツアーは、“雨足”のタイトル通り様々な表情を見せる公演になりそうだ。2月14日(木)12:00(正午)~オフィシャルファンクラブではファンクラブ第1次先行予約を受け付けている。


<川嶋あい コメント>
(―明日への扉 川嶋あい Self  Cover Ver. ―について)
2003年のリリースから、16年振りとなりましたが、川嶋あいとして、私自身のデビューシングル「明日への扉」を再レコーディングすることになりました。たくさんの方に親しんで聞いていただいた楽曲なので、歌う時にはいつも言葉で言い表せない、何か特別なものを心に抱いている感覚があります。ブラスバンドを主体とした新たなアレンジの世界観も楽しんでいただきながら、もう1つの「明日への扉」に、聞いていただける皆様が出会ってくれたら、とても幸せです。

(― 川嶋あい LIVE TOUR 2019  ~雨足~ ―について)
約3年ぶりに全国ツアーを開催することができて、とにかく喜びと興奮に満ちあふれている気持ちです。“雨足”というタイトルには、これまで描いてきた楽曲が持つ多角的な表情みたいなものを、ライブの場でより表現していけたらと思い、名前を付けました。雨音が激しくなったり、時に小さな通り雨のようになったり・・・。揺れ動いてゆくそれぞれの楽曲が持つ、様々なストーリーを、足を運んでいただく皆様に、アコースティックサウンドで体感していただけるよう、最高の準備をしてゆきたいと思っています。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ