“10頭身美女”Teresaが名曲『ハナミズキ』でデビュー

音楽 公開日:2019/02/14 16
この記事を
クリップ

台北在住の10頭身美女が日本に上陸する。

通称“10頭身Teresa”としてアジアで話題の女優Teresaが、平成で最もカラオケで歌唱された楽曲ランキングで堂々の1位に輝いた、一青窈の名曲『ハナミズキ』をカバー。2月14日バレンタインデーに配信デビューを果たした。台湾からのソロ歌手としては、テレサ・テン、欧陽菲菲、ビビアン・スー以来、久々のデビューとなる。




そして、名曲『ハナミズキ』のカバーを手がけたのは、TEE『ベイビー・アイラブユー』、安室奈美恵『HERO』など近年数多くの名曲を手がけたサウンドプロデューサー今井了介氏。「Teresaちゃんの魅力は澄んだエンジェルボイス。そして少女の面影とちょっとボーイッシュなアンバランスさが醸し出す曲の精錬さ、ではないでしょうか。」と今井了介氏はTeresaの魅力を語る。

Teresaは、華奢な体に、“綺麗なシックスパック”と抜群なスタイルを持つ事から「10頭身Teresa」と呼ばれ、中華圏SNS等で男女問わず莫大な人気を得て一躍話題となった。また、日本語・北京語・英語・台湾語と4ヶ国語をつかいこなすマルチリンガルでもあり、音楽・芝居・ファッションモデルとアジアを中心に多彩な活躍をみせており、2019年、日本でも歌手活動をスタートさせる。

アジア規格で展開するTeresa。その動きに目が離せない。尚、MVも同日公開されている。

この記事の画像一覧 (全 2件)