斉藤和義「SENSE」の表紙に登場、「泣ける音とファッション」を特集

音楽 公開日:2019/02/09 15
この記事を
クリップ
}/

デビュー25周年を経てもなお着実に活動を続ける斉藤和義。2/20にはニューシングル『アレ』のリリース、3/20にはデビュー25周年の日本武道館アニバーサリーライブ作品をリリースする。その斉藤がファッション誌「SENSE3月号」(2月9日発売)の表紙を飾ることが明らかとなった。

モード界の革命児とも言われる、フランス生まれのファンションデザイナー、エディ・スリマンによる“セリーヌ”にとって初のメンズコレクションとなるコート、ニット、パンツを着用し、写真家の操上和美による撮り下ろしカットが実に印象深いカバーアートとなった。




さらに巻頭特集にて、クリエイティブな男たちが心を震わせた名曲を語る「泣ける音とファッション」についてのインタビューを展開。斉藤の他には、TOSHI-LOW、りょう、斉藤ともロックユニットMANNISH BOYSを組んでいる、ドラマーの中村達也、金子ノブアキ、YOUNG DAIS、間宮祥太朗も登場している。


SENSE3月号(毎月9日発行・発売)

2019年2月9日発売 

発売日:2月9日(土)

定価:820円

この記事の画像一覧

関連タグ