宇野実彩子、ソロツアーファイナルで感謝「幸せが溢れてた1年でした」

音楽 公開日:2019/02/08 9
この記事を
クリップ

昨年2年連続となる4大ドームツアーをグループ史上最多動員数で大成功させるなど、グループとしても活躍中のAAA(トリプル・エー)のメンバー・宇野実彩子。昨日2月7日に初のソロツアー「UNO MISAKO LIVE TOUR 2018-2019 "First love”」が東京NHKホールにてファイナル公演を迎えた。

宇野は昨年2月14日にシングル『どうして恋してこんな』でソロデビューを果たし、10月から自身初となるソロツアーを全15カ所18公演開催。ライブではデビュー曲『どうして恋してこんな』から1月に配信スタートした渾身のラブバラード『ヨルソラ』、自身が出演するWEBムービー「JAL浪漫飛行2019」のイメージソング『咲いた春と共にあなたへ贈る言葉』までオリジナル曲8曲に加え、AAAの人気曲『As I am』『HORIZON』『Day by day』も披露し、会場を大きく沸かせた。




宇野はアンコールで、「自分のまわりにどんどん大事な人たちが増えていくというのはすごく幸せで。ここに来てくれるみんなもそれぞれの人生を生きていてこうやって限られた時間の中で一緒に過ごす時間があるというのはすごく贅沢なことだと思います。関わってくれた全ての人たちが、いつかこのツアーのことを思い出した時にその瞬間がすごく楽しくキラキラした時間だったなって一瞬でも飛び出るような思い出だったらいいなと。そう思って過ごしていたつもりが、自分が周りのみんなにいろんな幸せをもらって助けられていたので、幸せが溢れてた1年でした。このツアーのファイナルを飾ってくれたスタッフ、そしてファンのみなさん本当にありがとうございます。ここからソロデビュー2年目となり、良い音楽を作り、私と一緒に楽しい時間を過ごして、幸せだったなと思ってもらえるように恩返しできるようこれから進んでいこうと思っています。」と感謝の気持ちを伝えた。

5月15日にソロとして3枚目となるシングルをリリースすること、そして、早くも8月31日からアリーナ会場を含めた2ndツアー「UNO MISAKO LIVE TOUR 2019 “Honey Story” 」12会場16公演を開催することが発表された。ソロとしても着実にステップアップしていく宇野実彩子の今後の活躍が非常に楽しみだ。

この記事の画像一覧 (全 4件)