福山雅治、50歳の誕生祭ライブ開催「一生忘れられない夜になりました」

音楽 公開日:2019/02/08 6
この記事を
クリップ
}/


「はつ恋」「Beautiful life」「家族になろうよ」など、さまざまなエピソードや思い出が、曲に染み込んでいくように慈しみながらギター1本で紡ぐ福山のパフォーマンスは、歌本来の持つ役割を再認識させてくれるものだった。自分の人生において存在する大切な歌は、他人の人生においても大切な物語として流れているのだ。その当たり前の事実をライブという空間は可視化し、より深い次元で歌が自分のものになっていく確かな実感が残った。別々の人生を生きるそれぞれの歩みがここで交錯するような大切な時間と場所になった。
 
「一人一人の人生の中に、音楽という形で寄り添わせていただけることを大変光栄に思います」

福山のこれまでの音楽人生をギュッと凝縮した映像を挟んで、2部は打って変わってバンドによるド派手なパフォーマンスを披露。福山の第2章の始まりと言っても過言ではない「Heart」から始まり、1990年のデビュー曲「追憶の雨の中」、平成の大ヒットナンバー「HELLO」や最新曲「甲子園」、そして本編最後は「道標」で締めた。アンコールは「虹」と「桜坂」。

バンドメンバーが捌け、再びステージに一人で立つ福山に大きな歓声が浴びせられる。もちろん、ダブル・アンコールを期待する声だ。本日のダブル・アンコールにして、“誕生歌”第1位は「Good night」。キャリアで初めてオリコンシングルランキングTop10にランクインした思い出深い曲だ。福山自身がリクエスト・メッセージを読みあげ、弾き語りのパフォーマンスへ。ガットギターの指弾きによる「Good night」は、ファン一人一人に寄り添うように体温を感じる演奏だった。大きな拍手に包まれ、ここでライブ終了。

しかし――。オーディエンスからはさらなるアンコールを求める拍手が鳴りやまない。「おやおや」と福山が困惑するも、拍手はさらに大きくなっていく。スタッフに確認し、アコギを構えた福山にこの日一番の歓声が上がった。

その場でオーディエンスにリクエストを聞き、披露したのは「MELODY」。「Good night」に続いてオリコンシングルランキングTop10入りした大切な曲だ。サビを女性キーに調整し直してみんなで大合唱する光景は、福山とファンが確かな道のりをともに歩んできたことを証明するものだった。そしてまたがっちり手を握って新たな一歩を踏み出す姿が見えたような気がした。

「当たり前のことを言います。一生忘れない夜になりました。ありがとうございました!」「ましゃ、お誕生日おめでとう!」この日この場所に集った誰にとっても最高の1日となった。


© AMUSE

2/2ページ

この記事の画像一覧

関連タグ