高橋一生&川口春奈、2人の関係が気になる映画版MV

音楽 公開日:2019/01/31 10
この記事を
クリップ

高橋一生川口春奈がW主演を務める映画「九月の恋と出会うまで」の、andropによる書き下ろし主題歌『Koi』の映画版MVが公開された。




松尾由美による“書店員が選んだもう一度読みたい文庫”恋愛部門第1位に選ばれた小説「九月の恋と出会うまで」。タイムリープとラブストーリーを織り交ぜた独特の世界観が高く評価され、感涙必至のロングセラーとして愛され続ける同名小説が映画「九月の恋と出会うまで」として3月1日(金)に全国公開となる。

高橋は本作で〈恋愛映画初主演〉を果たし、少し風変わりでありつつも、心の奥では深く一途に志織を想う小説家志望の平野という複雑な役どころを熱演。川口は、“未来からの声”に翻弄されつつ自分らしく想いを貫こうとする志織をみずみずしく演じている。

本作の主題歌を担当するandropは、多くの映画やドラマの主題歌に起用され、有名アーティストに楽曲提供するなど、その実力が多くの若者から支持を得ている人気バンド。Vo.内澤は、「恋を歌う楽曲はなかなか作ることが無いのですが、まっすぐで素直な登場人物たちに背中を押されながらこれまでに作れなかった楽曲に挑戦することができました。」とコメントしている。

今回解禁となった映画版MVでは、平野と志織の2人のストーリーが『Koi』に合わせ展開されていく映像となっており公園で子供のボールをとってあげる志織を遠くから優しい目で見つめる平野や、部屋のドアの前で突然倒れた志織を真摯に看病する平野のシーンなど、志織への一途な気持ちがハートフルで心地の良いサウンドと共に描かれている。

さらに、手が触れるか触れないかの微妙な距離感で歩く2人や、それぞれが切ない表情で涙を流すシーンなど、2人の関係が気になる内容に加え、内澤のクリアな歌声で「物語が僕を拒んだって、誰かが運命を定めたって、会いに行くよ どこにだって 探し続けるよ。」と、本編に沿った歌詞が展開されていくところにも注目だ。

恋をしている人、そして恋に憧れる人など、すべての人に届く『Koi』。時空を超える一途な想いが伝わる映画版MVを是非チェックしてみよう。