Perfume、コーチェラ出演がアメリカで話題「アジア音楽のターニング・ポイントになる」

音楽 公開日:2019/01/29 9
この記事を
クリップ

今年もアメリカ最大の野外音楽フェスティバルであるコーチェラのラインナップが発表となり、Perfumeが(エレクトロ)ポップというジャンルにおける初の日本人女性アーティストとして出演が決まったことが、現地アメリカのメディアでも大きな話題となっている。昨今のBTSに代表されるK-POPのアメリカでの成功もあり、欧米の音楽ファンがようやくアジアの音楽シーンの存在に注目し始めた中での出演発表だ。



昨年、クリスティーナ・アギレラのノーメイクの素顔写真を表紙に起用し、世界的に大きな話題となった米の人気雑誌「PAPER」は、Perfumeのコーチェラ出演をこのように分析している。「Perfumeがフェスティバル(コーチェラ)で待望のパフォーマンスをするという事実は、欧米におけるJ-POP史にとってターニングポイントとなる大きな出来事であると同時に、既にアジアの音楽マーケットではスターである彼女達の、海外におけるキャリアの大きなステップとなる事は間違いない。Perfumeにとって大切な経験となるが、これはアメリカの音楽業界にアジアのアーティストの存在を大きく印象付けるという意味で、もっと大きな意味をもつ出来事なのだ。今年のコーチェラには、韓国で最も注目を集めるガールズ・グループであるBLACKPINKも、K-POP初の女性グループとして出演が決まっている。」(PAPER Magazine記事より引用)

また、10月に来日し、静岡のエコパアリーナでPerfumeの国内でのライブを体験した海外ライター達は、「場所が静岡だろうが、カリフォルニアの砂漠だろうが、Perfumeがパフォーマンスするとそこはアメリカン・フットボールのスーパーボールの会場のような盛り上がりになってしまう。しかも2039年のスーパーボールなのだ。」(DAZEDより引用)、「Perfumeは経験するものである」(Billboardより引用)、「とにかく、私は魅了され続けた。これは正にポップのフューチャーなのだ。」など、口々にそのライブを絶賛している。そして、そのライブが、どういう形でフェスのパフォーマンスになるのか、どのように各地のサイズにフィットした演出になり、世界を回るのかにも大きな注目をしている。

そんな期待に応えるように、Perfumeのメンバーは英字新聞「Japan Times」の取材で、「今回のワールドツアーはアルバム『Future Pop』のツアーなので、日本でやったアリーナよりは小さなホールツアーにはなりますが、それでも、どうしたら同じメッセージ、同じパフォーマンスを海外でも伝えられるのか、常に考えています。」(のっち)と語っている。また、あ~ちゃんも「ダンスのスキルが試されると思います。私達のパフォーマンスと音楽はカッコいいと思うので、私達を知らないアメリカのオーディエンスにも伝わると思います。」と気合十分だ。

トレンドに敏感な情報サイトi-Dのインタビューで「アメリカで認知度を上げることはPerfumeの目標ですか?」と質問された、かしゆかは、「もちろんですが、アメリカだけではありません。もっと世界中の方々にJ-POP、Perfumeそして、私達のパフォーマンスの面白さを伝えたいです!」と回答している。

アメリカメディアの期待通り、今年のコーチェラで、Perfumeはきっと欧米におけるJ-POPの歴史を変えるだろう。



関連タグ