安室奈美恵も感謝、小室哲哉が残した平成最後の作品集BOX締切迫る

音楽 公開日:2019/01/21 13
この記事を
クリップ

昨年引退を発表し、昨日放送されたNHK総合"平成史スクープドキュメント 第4回 安室奈美恵 最後の告白"番組内でもそのプロデュースの功績や安室奈美恵自身からも感謝の言葉が綴られたヒットメイカー小室哲哉。そんな彼の平成最後の作品集『TETSUYA KOMURO ARCHIVES PROFESSIONAL PRODUCTS』が発売される。

本作『TETSUYA KOMURO ARCHIVES PROFESSIONAL PRODUCTS』は完全受注生産ということで、今月31日までの受注受付となっており、予約期間は残すところあと10日となった。


昨年リリースされた『TETSUYA KOMURO ARCHIVES(“T”盤)(“K”盤)』(2018年7月9日付オリコン週間アルバムランキングで3位,4位)はもちろん、ダンスミュージックやロック〜ポップス〜オーケストラ〜ヒーリング〜トランス〜ピアノなどCD44枚+GOLD DISC 1枚+DVD4枚(計49枚)が収録。これまで小室哲哉が数々のヒット曲で綴られてきた歌詞をAIで学習することによって生まれた永久保存版ブックレット『小室哲哉辞典』はこの商品限定で収録となる。更にGOLD DISCとして1995年7月19日にリリースした幻のアイテム『t jungle m (「AUTOMATIC」)』を収録。当時、最先端の音楽ジャンルだったジャングルを日本に根付かせようとした小室哲哉らしいパーティーで生まれた快作となっている。

この他にもチャート・シーンのみならず、プロフェッショナルな音楽家 小室哲哉の数々の偉業を総括するとともに、より奥深い世界へと誘っていく。注目は、海外戦略としてEDMへ通じるユーロダンス系サウンドによってイギリスのナショナル・チャートで1位を記録したユニットEUROGROOVEの『TK Selection』。さらに、J-POPのルーツを生み出したソロアルバム『Digitalian is eating breakfast』シリーズ、アイドルへの提供曲をセルフカバーした『Hit Factory』、TM NETWORKの傑作アルバム『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜』を国籍を超えた豪華ミュージシャンで再演したプログレッシブ・ロックな『tk-trap』など、多種多様なアイテムが収録されている    

さらに注目すべきは、引退直前に浅倉大介との最後のユニットPANDORAの二日間しか開催されなかった伝説のBillboard Live。当日のライブ映像自体は存在しないとされていたが、なんと記録用に撮影されていた秘蔵映像『PANDORA Billboard LIVE Off Shot Movie(DVD)』が収録。こちらのダイジェスト映像もぜひご覧いただきたい。




この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ