宇多田ヒカル新作が世界中でランクイン、過去最高の勢い

音楽 公開日:2019/01/21 14
この記事を
クリップ

1月18日に11年ぶり22枚目のニューシングル『Face My Fears』をリリースした宇多田ヒカル。このニューシングルが過去最高の勢いで世界中でランクイン中だ。

iTunes総合アルバムチャートでは、日本、チリ、インドネシア、オーストラリア、スペインなど、全24の国・地域で1位、ダンスアルバムチャートでは30の国・地域で1位を獲得。日本国内配信サイトでもドワンゴジェイピーほか全8サービスで1位を獲得するなど、人気のゲームソフト「KINGDOM HEARTSⅢ」のオープニングテーマソングとして、また表題曲はSkrillexとの共作ということもあり、各国で話題沸騰中。

いままでの宇多田ヒカルの世界ランクインにおける過去の記録としては2017年1月にリリースされた『光 -Ray Of Hope MIX-』(REMIXED BY PUNPEE)(ゲームソフト「キングダム ハーツ HD2.8 ファイナル チャプター プロローグ」テーマソング)の全9カ国で1位獲得というのが最高であり、自身のワールドワイドランクイン記録も大幅に更新した。




また、これら世界でのランクインを記念して、スペシャルサイトがオープン。こちらはニューシングル収録楽曲に加え、昨年11月に配信リリースした『Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)』のYouTube、Spotifyの総再生回数や、Spotify・Apple Musicでのソングランキング最高位、世界中からの楽曲に関連するトピックスやInstagram、Twitterの投稿も拾われ、世界各国での盛り上がりが可視化されている。

今週1月25日(金)には、いよいよゲームソフト「KINGDOM HEARTSⅢ」が発売(海外は、1月29日発売)。ゲームとともに全世界での盛り上がりに注目しよう。

この記事の画像一覧 (全 4件)