山崎育三郎ライブツアーがスタート 初日は渡辺麻友とミュージカル楽曲を披露

音楽 公開日:2019/01/15 12
この記事を
クリップ

昨年、ミュージカル「モーツァルト!」や、ドラマ「昭和元禄落語心中」などへの出演の傍ら、7月には初のオリジナルアルバム『I LAND』をリリースするなど精力的に活動をおこなってきた山崎育三郎。そんな彼の2019年はライブツアーからスタート。




ライブツアー「山崎育三郎LIVE TOUR 2019~I LAND~」の初日が12日、三郷市文化会館で開演。初日からチケットはSOLD OUT。客席が熱気に溢れる中、ライブは前半から、オリジナルアルバム『I LAND』からの楽曲やシングル曲を中心に、客席を盛り上げる。そして「あけましておめでとうございます! 今日をずっと楽しみにしていました。1日楽しみましょう!」と挨拶。


また、今回のツアーでは新たに毎回ゲストの女性ヴォーカリストを招き、「ミュージカルコーナー」を実施。この日はゲストに渡辺麻友を迎えデュエットを披露したほか、AKB48の楽曲『365日の紙飛行機』を育三郎のピアノに乗せて2人で披露。最近テレビの音楽番組などでも幅広い楽曲を歌っている山崎育三郎らしく、変化に富んだライブとなった。


後半はアップテンポの楽曲を中心に一気に盛り上げ、約2時間を走りきった。「2019年の最高のスタートが切れました! 全国9箇所をこれからまわってきます。また必ずお会いしましょう!」とライブを締めくくった。


このツアーは自身過去最大の9箇所9公演を実施することになっており、初めて行く都市も含め、各地の育三郎ファンに会いに行く予定となっている。


この記事の画像一覧 (全 2件)