米津玄師『Lemon』がダブル・プラチナ認定、 紅白で一層の反響

音楽 公開日:2019/01/15 14
この記事を
クリップ
}/

米津玄師『Lemon』がまた1つ記録を達成した。




日本レコード協会が本日1月15日に2018年12月度ゴールドディスク認定作品を公表し、『Lemon』がCD出荷数50万枚を超え、ダブル・プラチナ認定された。

2018年数々の記録を打ち立て、年間チャートを席巻した米津玄師『Lemon』。昨年末レコ大で特別賞、またアルバム『BOOTLEG』が最優秀アルバム賞を受賞。そして紅白歌合戦に初出場を果たし、現在もさらに一層の大反響が続いている。その状況の中、1月14日付オリコン週間合算シングルランキングでは1位を獲得。またデジタルシングル(単曲)ランキングでは前週1月7日付から2週連続で1位を獲得し、同ランキング歴代1位の【通算1位獲得週数】を通算19週に更新。累積売上は203万2629DLとなり、同ランキング【史上初の200万DL突破】の歴代記録を達成している。ミュージックビデオはYouTubeで2億6500万再生を超え、公式チャンネル登録者数は300万人を超えている。

勢いそのままに今週末1月19日(土)徳島公演より、初めてのアリーナツアー「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」を実施する。自身最大規模のツアーで3月11日(月)幕張メッセまで全国8箇所16公演で全国を巡る。そしてその後、初の海外公演となる、上海公演、台北公演を実施。中国版ツイッター「微博(weibo)」では公式アカウントを開設し、2日足らずで22万フォロワーを超え、現在は28万フォロワーを超えている。


アーティスト画像(C)Jiro Konami

この記事の画像一覧