星野源 安室奈美恵以来の大記録、最新アルバムが3週連続1位獲得

音楽 公開日:2019/01/08 8
この記事を
クリップ

2018年12月19日に発売された星野源のニューアルバム『POP VIRUS』。

昨年(2018年)リリースされたソロアーティスト(男女問わず)の全アルバム作品の初週最高売り上げを記録するなど大ヒット中の同作だが、本日発表されたオリコンウィークリーアルバムランキング(1月14日付)において自身初となる3週連続の1位を獲得したことが発表された。




同時に発表となった同デジタルアルバムランキングでも1位を獲得。自身が先週付(1月7日付)のチャートで樹立したCDアルバムとデジタルアルバムの連続同時1位記録を3週に更新した。

なお、オリコンによるとソロアーティストとしての3週連続首位は安室奈美恵のベストアルバム『Finally』以来、男性ソロに限れば桑田佳祐のスペシャルベストアルバム『I LOVE YOU -now & forever-』以来6年5か月ぶりとなる大記録とのこと。

SNSやネット上でもアルバム作品として、音楽的に高い評価が目立つ中、1月2日からは星野自身が「星あゆむ」として出演中のNTTドコモ“星プロ”シリーズの新TVCM「星プロあたらしいスタート」篇に、アルバム収録曲『Hello Song』が起用されオンエア中、そして2月2日(土)からは京セラドーム大阪を皮切りに5大ドームツアーがいよいよスタートするなど今後も大きな話題が続くだけに、まだまだロングヒットが続きそうだ。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ