田村芽実の女優魂、極寒の中パジャマに素足でロケ敢行

音楽 公開日:2018/12/26 11
この記事を
クリップ
}/

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」(旧スマイレージ)の元メンバーで、現在はミュージカル界の新星として活躍する田村芽実(たむらめいみ)のセカンドシングル『魔法をあげるよ ~Magic In The Air~』が、本日(12月26日)リリースされた。

幼少時からの目標、ミュージカル女優になるため、2016年5月の日本武道館公演にて、「必ず大きく深みのある人間になってステージに戻ってくる」と宣言し、アンジュルムを卒業して約2年半。10月30日には20歳を迎え、大人になって初めてのCDリリースとなる。




9月26日(水)にCDが発売されたソロデビューシングル『輝いて ~My dream goes on~』(配信は8月22日に先行発売)からわずか3か月でのリリースとなるが、ミュージカル女優としても、シンガーとしても、いずれも超一流を目指すという“二刀流宣言”通り、ソロデビュー曲で表現した<ミュージカルとポップスの融合>をさらに推し進めた、快心の楽曲が完成している。

『魔法をあげるよ ~Magic In The Air~』は、ソロデビュー曲『輝いて ~My dream goes on~』のサウンドプロデュースを担当した飛内将大(agehasprings)によるオリジナル・ナンバー。前作はデモ音源から曲を選んだ為、今作が田村芽実のために書き下ろされた初めての楽曲となる。作詞も引き続き、TWICE『TT』、E-girls『Follow me』などのヒットでも知られる藤林聖子が担当。ドラマチックでスケールの大きな曲でありながら、「魔法をあげるよ」というかわいらしさが同居する歌詞の世界は、田村自身のリクエストによるものだ。

「初めてこの曲を聴いたとき、ワクワクする感覚がありました。前作から共通するテーマとして、このポジティブに前向きになれる感覚を、歌を通して届けたいと思っています。」(田村芽実

そして、この世界観を表現したMusic Videoも完成。本日(正午)から公開されている。

ソロデビュー曲『輝いて ~My dream goes on~』のMVでは、酷暑のスタジオで、渾身のダンスパフォーマンスを披露して賞賛を集めたが、今作では、極寒の山中で、パジャマに素足でのロケを敢行。「真っ白な吐息に 素敵な言葉描いて」という歌詞世界そのままの、幻想的で美しい映像が全編を彩っている。

田村芽実自身によるイメージも反映されたこのMVは、「目に見えるものだけ 真実なのだとしたなら/Stars, Moon, Sunlight/アートは消えてしまうから/I sing my love my love my love for you/魔法をあげるよ」という歌い始めの歌詞に乗り、夢の世界へと誘われていく主人公を田村が好演。寒中のロケにも関わらず女優魂を発揮し、無邪気な可愛らしい少女の顔から、美しい大人の女性の表情まで、20歳という彼女の今の魅力が、凝縮して映し出されている。ウィンターシーズンにぴったりの、心温まるムービーをぜひチェックしてみよう。