米津玄師 紅白出演が急遽決定、テレビでの歌唱は初

音楽 公開日:2018/12/26 8
この記事を
クリップ
}/

米津玄師が第69回NHK紅白歌合戦に初出場することがわかった。

白組で出場し、徳島県からの生中継でテレビ初歌唱を行うことが決定した。紅白歌合戦において徳島県からの生中継は史上初となる。

本来、出演する予定はなかったが、NHK側からの粘り強い交渉で「米津玄師の出身地である徳島からの生中継」という提案で、急遽ではあるが出演する運びとなった。これまでTVのインタビュー・VTR出演などはあったが、TVでの歌唱および生出演は初となる。

2018年3月14日にリリースされた『Lemon』は2018年の年間ランキング1位25冠を達成し、ミュージックビデオ累計再生回数2億4000万回越え(YouTube 2018.2.27公開、2018.12.24時点)、「オリコン年間デジタルシングル(単曲)ランキング2018」1位(2017.12.25~2018.12.17)、「Billboard JAPAN HOT of the Year 2018」含め4冠達成 (2017.11.27~2018.11.25)、楽曲ダウンロード数200万超(2018/12/21付・レコード会社調べ)を記録するなど、2018年のチャートを席巻し数々の史上初の記録を打ちたてた。





■レコード会社による出演の経緯
今回、歌唱予定楽曲である「Lemon」は、TBSドラマ「アンナチュラル」の主題歌であり、“ドラマの為の楽曲”として、昨年12月に制作を進めておりました。ドラマ側の希望で「亡くなった人を想う曲」として制作をしている最中、米津の祖父が他界しました。結果として「あなたが居なくなって悲しい」という気持ちを吐露するような楽曲になりドラマ側にも受けいれて頂いた事で、多くの方に聴いてもらえる曲に育ちました。祖父の他界から1年後となるこの12月の大晦日に、自身の故郷、そして、祖父の生きていた土地・徳島で、この曲を歌う事の意味を感じることが出来た為、この度のオファーを受けさせて頂くという結論に達しました。


カメラマン(C)Taro Mizutani

この記事の画像一覧

関連タグ