星野源 “POP VIRUS現象”が巻き起こる、最新アルバムが初登場1位を獲得

音楽 公開日:2018/12/19 5
この記事を
クリップ
}/

12月19日発売の星野源のニューアルバム『POP VIRUS』が、本日発表されたオリコンデイリーランキング(12/18付)で初登場1位を獲得したこと発表された。




大ヒット曲『恋』、『Family Song』、『アイデア』はもちろん、山下達郎がコーラス参加した『Dead Leaf』、アルバムのタイトルトラックとしてMUSIC VIDEOが公開され、大反響を呼んだ『Pop Virus』など全14曲を収録し、発売前から大きな話題となってた同作だが、着荷日となった昨日は、ハッシュタグ「#POPVIRUS」がメディア露出がない中でTwitterでトレンド1位を獲得、さらに都内をはじめとした一部CDショップには開店前から行列ができるなど、まさに“POP VIRUS現象”とも呼べる状況が各所で巻き起こる中、16.6万枚を超える圧倒的なセールスで12月18日付オリコンデイリーアルバムランキング1位を獲得した。

この後も21日の「MUSIC STATION SUPER LIVE」ほか地上波TV番組への出演をはじめ、雑誌メディア、RADIOゲストなど続々と露出が続くので、ますます盛り上がっていきそうだ。

なお、CD封入特典の星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』チケット先行抽選シリアルナンバーの応募受付は12/23(日)〆切となっているので、いそいで応募しよう。


この記事の画像一覧

関連タグ