安室奈美恵のクリスマスソング、ファンの想いが重なり3年連続1位獲得

音楽 公開日:2018/12/15 11
この記事を
クリップ
}/

今年引退した安室奈美恵のクリスマスソング「Christmas Wish」が、有線放送リクエストランキング“USENリクエスト J-POP HOT30”で、当楽曲が発表された2016年、翌年2017年に続き3年連続3度目の1位を獲得した。




『Christmas Wish』は、今年を含む3年連続でセブン-イレブンが贈るクリスマスキャンペーン『Magical Christmas』のイメージソングに決定しており、今年も11月からTVCMがオンエア中だ。

これまで同様に、テレビCM放送開始以降、全国のセブン-イレブン店内やラジオ、街頭BGMでのオンエアから楽曲自体が徐々に浸透したことと、引退した今もなお、彼女のクリスマスソングを聴きたいというファンの想いも重なり遂に3年連続3度目の1位獲得となった。

『Christmas Wish』は、ダブルミリオンセールス(現在は売上枚数240万枚以上)を記録したオールタイム・ベストアルバム「Finally」に収録され、CD+DVD(Blu-ray)盤には、楽曲だけでなくミュージックビデオも収録されている。

同アルバムは、発売が昨年だったにも関わらず、タワーレコード年間チャート「2018 ベストセラーズ」邦楽アルバム部門、そしてAmazon ランキング大賞(ミュージック/J-POP部門)でも2年連続1位を獲得。ビルボードジャパンの年間チャート「HOT ALBUMS」では、なんとチャート集計開始以降「史上初」の2年連続1位を獲得している。

安室奈美恵は、今年開催したラストツアーはソロアーティスト史上最多となる約80万人を動員し、LIVE DVD& Blu-ray「namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜」は、音楽映像作品において史上初のミリオンセールスを記録(現在は売上枚数170万枚以上)。今月発表された日経MJの「ヒット商品番付 2018」では、『東の横綱』にも選出された。

今回、有線放送リクエスト1位を獲得した『Christmas Wish / 安室奈美恵』が、これからもずっと、クリスマスソングの定番曲=名曲としてファンのみならず全ての音楽ファンに寄り添っていくことは間違いない

この記事の画像一覧

関連タグ