宇多田ヒカル 12年ぶり国内ツアー完走、熱い声援かみしめる

音楽 公開日:2018/12/10 9
この記事を
クリップ
}/

宇多田ヒカルが、デビュー満20周年の記念日となる12月9日、国内ツアー“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”のファイナル公演を幕張メッセで開催した。11月6日(火)の横浜アリーナからスタートしたこのツアー。横浜、福岡、名古屋、大阪、埼玉、幕張とまわり、全6都市12公演を完走した。

ライブは、20周年の集大成ともいえるセットリストで、デビュー曲『Automatic』から最新アルバム『初恋』の収録曲まで新旧織り交ぜた全20曲でファンを沸かせた。特に1999年にリリースした大ヒットソング『First Love』から、今年2018年、約20年の時を経て発表した『初恋』へと続く流れでは、涙するファンも多く見られた。




冒頭のMCで宇多田ヒカルは「こんばんは!今日は色んなところから来てくれてありがとう。今日はデビュー20周年記念日なんですけど、そんな日をこんな風に過ごせて、本当は誕生日とか祝ってもらったり、会の主役になるのはすごい苦手なんだけど、これは素直に喜んでおきます。ありがとう!後ろの人もちゃんと、(こちらから)見えてるから一緒に楽しもうね!」と20年を振り返り、ファンからの熱い声援をかみしめる一幕も。

12年ぶりに開催された今回のツアーは、全部で14万人を動員。大ヒットソングを世に送り届けてきた20年と、いまなお走り続ける宇多田ヒカルの未来の両方が感じられる圧巻のツアーとなった。

<“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”セットリスト>※12月9日(日) 公演セットリスト
M1 あなた
M2 道
M3 traveling
M4 COLORS
M5 Prisoner Of Love
M6 Kiss & Cry
M7 SAKURAドロップス
M8 光
M9 ともだち
M10 Too Proud
M11 誓い
M12 真夏の通り雨
M13 花束を君に
M14 Forevermore
M15 First Love
M16 初恋
M17 Play A Love Song
EN1 俺の彼女
EN2 Automatic
EN3 Goodbye Happiness

LIVE写真(C)岸田哲平 TEPPEI KISHIDA