「BiSH参勤交代the beyond」ファイナル、史上最大規模フリーライブ7000人が熱狂

音楽 公開日:2018/12/09 9
この記事を
クリップ
}/

2018年は、初のオリコン週間シングルチャート1位を獲得、全国大型フェスへの出演ラッシュ、ソフトバンクのPRキャラクターに起用される等、勢いの止まらない“楽器を持たないパンクバンド”BiSH




そんなBiSHが、12月7日から3日間に渡り開催した人気企画「BiSH参勤交代the beyond」の締めくくりとして、横浜赤レンガ倉庫にて、BiSH史上最大規模のフリーライブ「stereoなfutureにしないYOKOHAMA」を開催した。

この3日間、メンバーはそれぞれ日本各地のCDショップに訪店挨拶、トークイベントを開催。チッチの袴姿、アイナのOL、モモコの看護師、ハシヤスメのフェススタイル、リンリンのサンタ、アユニの制服など各自メンバー案による変装がSNSを賑わし続け、全国のCDショップ32店舗を訪れ、最終日となる本日12月9日には、横浜赤レンガに7000人が集結。

フリーライブ会場は溢れ返る清掃員(=BiSHファンの総称)で埋め尽くされ、生中継されたLINE LIVEでの視聴者数は50万を超えた。

LIVEでは、12月5日発売となったメジャー5thシングル「stereo future」やアユニ・D作詞によるカップリング曲「S・H・i・T」を始め、「BiSH-星が瞬く夜に-」「オーケストラ」「GiANT KiLLERS」など全9曲を披露、フリーライブとは思えない熱狂のステージを作り上げ、3日間に渡った「BiSH参勤交代the beyond」を締めくくった。

12月22日には、いよいよBiSH史上最大規模となる幕張メッセ9~11ホールのワンマンライブ””THE NUDE”の開催を控え、大躍進の1年となった2018年を締めくくるBiSHから目が離せない。

この記事の画像一覧

関連タグ