星野源、ニューアルバム初回限定盤収録「ニセ明と、仲間たち」に宮野真守とハマ・オカモト

音楽 公開日:2018/12/05 5
この記事を
クリップ
}/

ニューアルバム『POP VIRUS』がいよいよ12月19日(水)にリリースとなる星野源。リリースに向け続々とアルバムに関する情報が発信される中、『POP VIRUS』の初回限定盤Blu-ray/DVDに収録される完全撮り下ろしの特典映像2タイトルのうち、“創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」”の詳細が発表された。


星野源の友人「ニセ明」が新曲制作のためにある場所へ向かい、ニセ明が集めたとある “仲間たち”の協力を得ながら新曲を作り上げる姿に密着したドキュメンタリー、という情報が明かされていたが、その“仲間たち”が「雅マモル(宮野真守)」「ウソノ晴臣(ハマ・オカモト )」の2名であることが分かった。




雅マモルは、今年8月にNHKでオンエアされ、「#おげんさん」がTwitterのトレンド世界1位を記録するなど、大きな話題となった「おげんさんといっしょ」にも出演したアイドル。地上波デビューを果たすとともに番組内に大きな爪痕を残すなど、話題騒然のアイドルの参加が決定した。そしてもう一人のウソノ晴臣は、ニセ明とは同級生(同い年)で古くから親交があるらしいが、映像作品には初登場となる。ニセ明はこの二人の協力を得て、本当に新曲を完成させることができるのか…?気になる映像の一部は星野源公式Twitterで公開中。


なお、初回限定盤に収録されているもう1つのタイトルはスタジオライブ『星野源 Live at ONKIO HAUS Studio』。星野源のレコーディングやライブでおなじみのバンドメンバーが集結。レコーディングスタジオ「音響ハウス」での一夜限りのパフォーマンスを収録している。スタジオならではの空間で、星野やバンドメンバーをより近くに感じることができるライブ映像は必見。


とにかく楽しめる2本立ての特典映像。どちらも映像ディレクターの山岸聖太がディレクションを担当。おなじみの星野源と山岸聖太によるコメンタリーも収録されており、それらを含めると約200分近く楽しめる大ボリュームな映像作品となっている。

この記事の画像一覧