星野源、ニューアルバム収録曲に山下達郎がコーラス参加

音楽 公開日:2018/11/29 7
この記事を
クリップ

3年ぶり、待望のニューアルバム『POP VIRUS』を2018年12月19日(水)にリリースする星野源。先日アルバムの収録楽曲も発表されたが、大ヒット曲『恋』『Family Song』『アイデア』はもちろん、そして先日オンエアが解禁された『Hello Song』を含む新録曲8曲を加えた全14曲が収録。

星野源の“これまで”と“これから”が詰まった、“これぞ星野源”と呼ぶべきアルバムとなっており、大きな期待とともに各CDショップやEコマースでは予約が殺到している。




リリースに向け、次々と情報が発信される中、本日新たに『POP VIRUS』に収録される新曲に山下達郎がコーラスで参加することが発表された。

ミュージシャンとして星野自身も尊敬する山下達郎。参加したのはアルバム7曲目に収録された『Dead Leaf』という、ネオ・ソウル調のアプローチの楽曲で、コーラスアレンジを山下達郎が担当し、幾重にも重なるコーラスを歌唱した。


名盤『ON THE STREET CORNER』シリーズでもおなじみの山下達郎のドゥワップ・コーラスが絡み合い、楽曲に彩りを与えた圧巻のテイクとなっている。

発売に向け、楽しみが増すばかりの『POP VIRUS』。この後も盛り上がりを見せることは間違いない。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ