LeChat、フランス公演で“ブルマ”コスプレ「架け橋になれたら」

音楽 公開日:2018/11/26 8
この記事を
クリップ
}/

美しいものとホラーを愛する美人コスプレイヤー&シンガーのLeChat(るしゃ)が、11月24日、25日の両日、フランス・ナンシーで開催されたアニメイベント「Anim’EST」に出演し、新曲『キミのいないこの世界で』を集まったファン、2日間で2,000人を前に披露。移籍第1弾ミニアルバム『Nouvelle lune』(読み:ヌーヴェル リュヌ)が2019年2月27日リリースすることが発表された。

アニメイベント「Anim’EST」は、フランスで行われる 三大アニメイベントの一つ。 LeChatが、海外ライブイベントへ招待されての出演するは、フランスで10ヶ国目となった。

イベントの初日、11月24日のステージでは、ドラゴンボール、ブルマのコスプレで登場し、「Bonjour! Ca va? C’est LeChat.(ボンジュー サヴァ? セ ルシャ)」とフランス語で挨拶。世界117か国での配信がスタートしている、新曲『キミのいないこの世界で』を初披露した。

11月25日のステージでは、新曲『キミのいないこの世界で』の作曲、Mixを担当したフランス人アーティストLightningがギターで参加、LeChatとの初共演が実現。アニソンカヴァー『残酷な天使のテーゼ』、『GLAMOROUS SKY』とあわせて3曲を一緒にパフォーマンスした。また、LeChatは、コスプレコンテストの審査員も務め、集まったファンを楽しませた。




フランスでの初ライブを終えて、LeChatは、「フランスでの初ライブをとても楽しみにしていました。会場に着いてステージの余りの大きさに驚きました。ギターのLightningさんとは初めての共演でしたが、「キミのいないこの世界で」をフランスのファンの皆さんの前で披露できて、嬉しかったです。お客さんのノリもとっても良くて楽しく歌えました。フランス版のドラゴンボールやシティーハンターの声優さんともお会いする機会もあり、どちらも大好きな作品なので、こちらも嬉しかったです。会場には、コスプレしている方も多くて、皆さんコスプレを楽しんでいるのがとても良く伝わってきてほっこりしました。これからも日本とフランスの架け橋になれたら嬉しいです。」とコメント。

12月7日(金)には、渋谷LOFT9にて、フランス大好きアーティストとして猫沢エミ、ROLLY、レ・ロマネスクTOBIをゲストに迎えて、トークイベント、LeChat Presents“フランス大好きアーティストで「おフランスを語ろう!」”の開催も決定しており、「Anim’EST」出演の裏話も聞ける機会になりそうだ。

また、リリース決定が発表された、日本クラウン移籍第1弾ミニアルバム『Nouvelle lune』(2019年2月27日発売)には、新曲『キミのいないこの世界で』を含む全5曲を収録予定。初回限定盤には『キミのいないこの世界で』MUSIC VIDEO他が収録されたMusic Cardが付属する。

写真提供:日本クラウン

この記事の画像一覧

関連タグ