元ベビレ大矢梨華子、解散後初ライブ出演「かなりエモい」

音楽 公開日:2018/11/23 21
この記事を
クリップ

元ベイビーレイズJAPANメンバーの大矢梨華子が、11月23日(金・祝)に新宿ReNYで開催されたオールジャンル音楽フェス「Best Beauty Booking」に"エモロック友達枠"として登場。バックバンドを引き連れ、初披露となるオリジナルソング『響けプレリュード』を含めた計3曲を熱唱した。

今回のイベントには、大矢自身から「私も歌っても良いですか?」とのアツいリクエストがあり、出演が決定したという。ベビレ解散後初のライブ出演となる大矢の姿をひと目見ようと、会場には多くのファンが駆けつけた。


ベビレ時代のチャームポイントだった「黒髪のツインテール」から大きくイメージを変える「金髪のショートヘア」に、真っ赤なドレスで登場した大矢。「皆さん初めまして!大矢梨華子です」の挨拶から、1曲目にPENGUIN RESEARCHの『敗北の少年』をカバー。ロックな歌声を会場中に響き渡らせた。クールな表情から一転、MCパートでは「(1曲目から)出し切りすぎちゃった!」といつもの笑顔。「みなさん来てくれてありがとうございます!」と呼びかけると、客席からは「お帰り!」と多くの歓声が上がった。バックバンドは、ベビレの武道館公演も務めた豪華メンバー。今回の大矢のライブ出演のためだけに集まったという。

2曲目には、フラワーカンパニーズの『深夜高速』をカバー。大矢の力強いステージパフォーマンスに、観客もぐいぐいと引き込まれていく。その後のMCでは、「私は8歳の時…14年前からステージの上で歌うことを夢見てきて。6年前に(ベビレという形で)その夢がかなって、ただ続けることは難しくて。でも、やっぱり諦めきれなくて」と想いを明かす。「『もっと見たい』と言ってくれる皆さんの声を励みに、今日ステージに立つことに決めました。まだまだ私は真っ白な状況。皆さんとこれから、私の未来を一緒につくっていければ。そんな想いがこもった曲です」と、オリジナルソング『響けプレリュード』を初披露した。

”ぎゅっと詰め込んだ片道分の命 今また始まるプレリュード”と等身大の”大矢梨華子”に重なるフレーズを軽やかに歌い上げると、「ありがとう!」と感謝の言葉でライブを締めくくった。新たな一歩を踏み出した大矢梨華子の”プレリュード"は、まだまだ始まったばかり。真っ白な彼女のこれからに、期待に胸膨らむパフォーマンスだった。

なお、衝撃の初披露となった『響けプレリュード』の作詞・作曲など、詳細は明らかにされていない。今後の続報を待とう。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ