滝沢秀明がMV手がける、異例づくしのアイドル「SixTONES」に注目

音楽 公開日:2018/11/15 9
この記事を
クリップ

デビュー前にもかかわらず、ミュージックビデオ(MV)がなんと世界配信。手がけたのは、年内をもって芸能界を引退&プロデュース業に転身することを発表したタッキーこと滝沢秀明。 まさに異例づくしのMVが話題のアイドルグループ「SixTONES」(ストーンズ)が、ファッション誌「CanCam」1月号(11月22日発売・小学館)に登場、MV撮影の様子を大公開する。




SixTONESは、2015年に結成されたジャニーズJr.内の6人組グループ。キラキラ系アイドルとはひと違うワイルドで男らしいパフォーマンスと、センス抜群の爆笑トークでいま人気急上昇中。デビュー前でありながらオリジナル楽曲を持ち、単独ライブを行うなど、これまでもジャニーズファンの間では注目の存在だった。

そのネクストブレイク最有力のSixTONESが、このたびYouTubeが世界規模で行っている「アーティストプロモ」キャンペーンに大抜擢。その活動の一環として制作されたのが、今回の楽曲『JAPONICA STYLE』のMVとなる(5日からYouTubeで公開中)。しかもSixTONESにとってこれが初MVというのだから快挙といえよう。

「CanCam」もこのプロジェクトに参加。これまでSixTONESを数回にわたって誌面で紹介してきた「CanCam」が、世界に羽ばたく6人の一翼を担うべく、ワイルドでかっこいい衣装を全面プロデュースしている。

メンバーのジェシーは「今回ミュージックビデオをまさかの滝沢君にプロデュースしてもらい衣装提供はなんとCanCamさんに協力してもらいました!! 衣装にはそれぞれ個性がでていて僕はスーツのセットアップなので普段仕事では着られない服を着られて感謝です! ぜひ6人の衣装にも注目して下さい!」とコメント。


1月号の誌面では、早朝から深夜まで丸一日かけて行われたMV撮影の現場を写真と記事で密着レポート。今回のMVが初プロデュースとなった滝沢のコメントとともに掲載している。「(こだわった点は)始めに曲を聴いて“花びら”という言葉がすごく耳に残ったので、演出のなかにも効果的にとりいれたりしました」「今回の楽曲はコンサートでもすでに披露している彼らの持ち歌なんです。ある意味、この楽曲に対するイメージっていう物ができ上っている状態の中、あえて僕はまったく新しい物を作ろうとしたんです。今までのイメージのいい所は守りつつ、新たな物を表現しようとしたのが難しかったかな」(滝沢)。

誌面を見れば、話題のMVのすべてが分かるだけではなく、世界が彼らに注目する理由もきっと分かるはず。「CanCam」1月号は11月22日に小学館から発売される。

関連記事

Md jc5ig9u2kzympi7ddk0
表紙は山田涼介、同時デビュー決定SixTONES、SnowManも特攻服で登場
芸能総合 3
Md xylc1pzdpthf6jha9b6
映画『ブラック校則』佐藤勝利×高橋海人のびっくりショット解禁
映画・舞台 2
Md v7uoe145fgoroatvtb6
嵐、撮影中のメンバーのボケに他の4人からツッコミの嵐
芸能総合 7
Md um9dcpn184k6do9f0mp
嵐 5人揃って表紙、タイトルが“泣ける”と話題の「TVガイドAlpha」
芸能総合 5
Md i0frl131mwlbr7shqrt
ジャニーズ史上初、SixTONES / Snow Man 2020年同時デビューを発表
音楽 9
Md tltjqjslymqqcycpx7h
SixTONES “はじまりの場所”東京ドームでの表紙撮影「ワクワクした」
芸能総合 6
Md pkq6gnywjakz5xikevy
キスマイ藤ヶ谷太輔 思わず涙…メンバーや家族が素顔明かす
TV 12
Md d5fvzsih9pdf2jqvd8z
乃木坂46桜井玲香 決意の舞台で“変身”、アイドルではなく「コメディエンヌとして」
映画・舞台 3