GLAY 観客に驚きのプレゼントも、ヒルズアリーナでスペシャルライブ開催

音楽 公開日:2018/11/14 11
この記事を
クリップ
}/

11月14日(水)に56枚目のニューシングル『愁いのPrisoner/YOUR SONG』を発売したGLAY

そんな発売前夜の11月13日(火)に、六本木ヒルズアリーナでスペシャルライブを実施した。今回のライブはシングル予約購入者の中から抽選で1000名が限定招待されており、会場はGLAYの登場を待つ期待感で埋め尽くされていた。イルミネーションで煌めくけやき坂を横目に、SEがかかるとついにメンバーがステージに登場。11月とあって冷え込む会場であったが、“熱”が急上昇していくのが肌で感じ取れた。




一曲目に披露したのは2ndアルバムに収録の『More than Love』。GLAYのライブでもオープニングを飾る事の多いナンバーともあり、のっけからGLAYロックを魅せてくれた会場が暖まると、続けて披露したのは定番のスネアロールから始まる『誘惑』。彼らを代表する王道ロックナンバー、問答無用に会場のボルテージはピークに、ラスサビでは会場が一体となって合唱が起こった。

MCでは「今日はニューシングルの発売記念ライブ、Yahoo!での生配信もしているとのことで、生中継で見てる人達にも届いてるかな?」とTERUが語りかけた。続けて「発売記念だし、初めてこの曲をライブで披露します!」とスタートしたのは、セブン−イレブンとの大型フェアタイアップ曲ともなっている『愁いのPrisoner』。この曲はTAKURO作詞・作曲であり、「GLAYを大きな空の下に連れて行きたい」といった想いも込められている。11月といった愁いの季節、開放感のあるヒルズアリーナがよりこの曲を際立てていた。

ロックナンバーが続いた後は、静かなピアノの音色が鳴り、そこから往年の名曲『HOWEVER』のイントロが流れた。ピアノから始まる『HOWEVER』は、5年前の東京ドーム以来ともあり、ファンからは歓喜の声が湧いた。やはりこの冬に聞くGLAYのバラードは格別であり、会場にいる皆それぞれが噛み締めるように聞き入っていた。

最後はTERU作詞・作曲『YOUR SONG』を披露。この曲は「夢を追いかける大切さ、そして皆んなで楽しめる曲 」といったTERUの想いが込められた、GLAY流応援歌となっている。楽曲途中の「Oh Doo-bee Doo-wop」では会場から大合唱が起こり、ヒルズアリーナが一体となった瞬間であった。さらに曲終わりでTERUが「今日は特別!皆んなこの光景を自分の携帯で写真撮ってOK。みんなの力でこの景色を広げてくれ」とサプライズプレゼントが。驚きのプレゼントともあり、客席からは最後に大きな歓声が起き、各々が今日の記憶を写真に収めていた。

愁いの季節、光に包まれたヒルズアリーナでのライブは、歓声と共に幕を閉じた。

Photo by 岡田裕介/田辺佳子

関連タグ