「ニコニコ超パーティー2018」小林幸子&松岡充のコラボ実現

音楽 公開日:2018/11/05 5
この記事を
クリップ
}/

ニコニコ最大のライブイベント「ニコニコ超パーティー2018」が11月3日(土)、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市中央区)で今年も華々しく行われた。

例年通り今年も開場早々超満員というスタートダッシュで、「LOVE」「SMILE」「CHAOS」「DREAM」と色分けされたタイムテーブルの転換時にはトイレが長蛇の列となるほどの大盛況。それというのも今年はサイトの垣根を飛び越えて、キズナアイ、バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん、電脳少女シロ、ミライアカリ、月ノ美兎、アメノセイといった多くの人気バーチャルYouTuber(VTuber)が登場しライブパフォーマンスで会場を盛り上げるということで大変な注目となっていたのだ。




「CHAOS」ステージパート開始よりVTuberのマイクリレーが続くと会場のボルテージは一気に最高潮に。そしてステージの大型ビジョンに「アイちゃーん!」の文字とともにお馴染みのシルエットが映し出されると、この盛り上がりはさらなる高みへと移行。満を持しての登壇となったのはもちろん、VTuber界の絶対的大天使・キズナアイだ。客席とのコールアンドレスポンスで見事に一体感を生み出しつつも、歌ではじっくり聴かせるという離れ業で『Hello,Morning』と『future base』の2曲を披露してくれた。

この盛り上がりの余韻冷めやらぬうちにステージには「WARNING」警告が鳴り響くことに¥。ざわつく会場に登場したのは、こちらもお馴染み「ラスボス」小林幸子。今年は大型衣装を封印で挑むものの、早着替えを披露するなどますます精力的。『ME~太陽系デスコ』を披露し一旦はステージをあとにするのだが、なんと松岡充(MICHAEL/SOPHIA)とのデュエットというサプライズで再登壇した。この『存在証明』コラボは二人の圧倒的な歌唱力で見事に織りなされ、小林幸子松岡充の声量と歌のテクニックや世界観の作り方を絶賛。この賛辞に松岡は「小林幸子に歌を誉められる松岡充!これネットニュースにしてください!」と興奮しきり。なお、この二人のコラボは松岡が長らく送り続けたラブコールがようやく実った形での実現だという。また、「毎年開催できるのは参加してくれるみなさんのおかげ。歌で返していきたい。」と松岡が感謝の気持ちを表すと、「みんなの熱・熱気、“みんなで生きていこう”が伝わり、元気をもらってる。これからもずっと見守っていてください。」と小林もこれに続いた。そして、ステージ裏では「この後二人でビールを掛け合います」と会場を沸かせることも忘れなかった。

歌ってみた、踊ってみた、演奏してみた、大御所ミュージシャンにボーカロイドにVTuberと今回も新たな進化を見せてくれた「ニコニコ超パーティー2018」。次回の開催ではどのようなサプライズ演出で我々を楽しませてくれるのだろうか。